塾選びのお悩み解決します!

勉強方法・参考書選び・塾選びなどに困ったら!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

時間数よりも・・・

                        勉強方法                    〈其の壱〉

 みなさん こんにちは。
今日は またまたですね~ 水不足解消にはいいのですが
この蒸し暑さは なんとかならないものかとヤル気も減退気味な 塾マニアです。

本日も 勉強方法 に関しての内容です。
前回 ①~⑤ までの大まかな段階に分けましたが(前回記事をご参考にしてくださいね)
本日は ② からのお話です。

では

 「勉強ヤル気はあるぞ!」 「そろそろやらないとヤバい!」 「何から手をつければいいんだ?」

 「散々遊んだから そろそろ勉強してやってもイイかな・・・」 などなど

ようやく勉強する方向に 諦めてくれた方々が対象です。
この方々が最初に ぶつかるのは  何から始めればいいのか?  ではないでしょうか?
まずは そのあたりからお話していきます。
どの科目が どの程度 デキるのか(またはデキないのか)を把握する。
 英語ですと 単語・熟語からですかね
 数学ですと 簡単な計算問題や 公式・定理の暗記などからですかね
 他の科目は どうですかね?
しかし
そのあたりから やればいいのはわかってはいるのですが・・・
                 長続きしないのですよね~~~~
つまり
3日もすれば 飽きてしまうのですよね~(これは かなり大多数の方々がアルアルなのではないでしょうか?)
飽きてしまうメカニズムや 根性論などを 語ることは敢えてしません。
では なにを話すのか? といいますと
ここからは 毎度のごとく わたしの勝手な個人的意見(方法論)です。
すべての人が その方法で勉強できるようになるかどうかは 責任は持てませんが
なにかのヒントになれば 幸いです。

そもそも勉強って何ですかね?

わたしは わからないところを わかるようにすること だと考えます。
(勉強に対する考え方や 実際の意味・意義などは ちょっと置いておきます 
 ここで言う「勉強」は あくまでも 「学校の」 とか 「受験の」 という意味に限定させてください
 本当は勉強っていうのは~ もっと こう 高尚で~ 尊くて~ 人生において~ ・・・
 いやいや お気持ちはわかりますが それが伝わるのなら お子さまは とっくの昔に勉強をしているわけでして・・・
 多分 このお話にご関心がある方々は もっと具体的な それでいて 点数や偏差値に 直結する方法論を
 求められてると 思うので・・・ っていうか 言い訳長過ぎですね)

続けますね。

つまり どういうことか? と言いますと
ある日朝起きた時には わからなかったことが その日の夜寝る前には わかるようになっていること。
この状態があって 初めて
今日は 勉強した! と言えるのだ ということです。

 ん? 塾マニア イマイチ わからんぞ!
 問題集を○ページやった とか 単語○○語やったとか   そういうことだろ?

う~~ん ちょっと違います 
わかりにくいかもしれないので ちょっと具体例を挙げてみますねココから よ~~く読んでくださいね!

まず
夜寝る前の チェックからです。
例えば 明日は単語を20語覚えよう と思ったとします。
それなら 今夜のうちに わからない単語を 20語抜き出しておくのです。
その時 できるなら わからない20単語は 要らない紙の裏などに 書きだしておいたほうがいいと思います。

つまり
   左側に          右側に
 ① ~~           意味 とか 関連語 とか 発音 とか ポイント・・・(ココ結構大切です!)
 ② ~~           意味                             ↑後で出てきます
 ③ ~~           意味
   ・・・            ・・・
 ⑳ ~~           意味
こんな感じに 書き出し 準備をしておきます。 (ちなみに これは・・・勉強時間には入りませんからね!

数学は わからない問題が 5問ぐらい出てくるまで やり続けてください。
ただし わからなかった問題は 答えへのアプローチをちょっと見て(つまり ヒントをチラ見するだけです)
問題を 丸ごと 要らない紙に写して お終いです。(それ以上解かなくてもいいです!)
こうして
次の日用の わからない問題のみを 抜き出した自分専用問題の準備をしておくのです。
何度も言いますが
 ここまでは 勉強したのではなく わかるところ と わからないところの 選別をしただけです!
この準備のメリットは 
次の日になって いざ勉強しようと思った時に 本棚をざーっと眺め なんとなく問題集や参考書を抜き
どこをやろうか考え ・・・ ・・・ などの 煩わしい作業を軽減するためのものです。
さらに 要らない紙に書き出すことで 荷物が圧倒的に軽くなる とか
その紙のみを 学校や図書館、自習室などに 持っていけば
答えを チラっと見てしまって わかった気になってしまう な~んてこともなくなります。
また 家ではない場所で勉強する際 勉強しはじめたばかりのビギナーさんは
気分とか 周りの雰囲気で 科目をコロコロ変えがちですよね!(心当たり ありますよね!)
しかし 現場には その紙しかないのです! であれば それをやらざるを得ないですよね。
あとは どこでもチラッと見ることができたり・・・勉強って やはり頭に通す回数も大切ですもんね
覚えてしまえば すぐ捨てれますし・・・ちゃんと勉強してから捨ててくださいね!

なんとなく言いたいことおわかりいただけたでしょうか?
つまり
前日に 「わからない問題」 を準備し 当日はそれしか持って行かないことで
勉強する現場で 強制的に その紙のみ をやらなくてはいけない状況を 生み出すのです。

次に
その紙を 終わらせる限界時刻を決めて 
その時間に 単語なら その紙を一切見ずに 20単語書きだす つまり テストをするのです。
数学なら その時間に完全解答を 作って家で答え合わせをするのです。

次は
その日のうちに 次の日の 問題紙 の準備をしなくてはいけなくなりますよね。
その準備をする直前に 本日できるようになったことを 例の紙 を見ないで
すべて言うことができるかの確認をします。
例えば
「今日覚えた単語は ~~ と ~~ と ~~ ・・・(20語何も見ずに言えるか確認)
 数学は ○○の問題が解けるようになって ポイントは~~の式変形と ~~あたりでの計算ミスと
 ・・・ ・・・ 」
この 言うことがデキるかどうか?    ココが最も大切なところです!

さ~ ここで本日勉強した内容が 全部言える状態・・・ それが 今日は勉強した! と言える状態なのです!

 塾マニア・・・言いたいことは なんとなくわかったけどさ~ 
 おまえ・・・何にも知らないのな? 単語っていうのは・・・
 ~~~~して覚えないと なかなか覚えられないんだぞ~~
 ↑
 ココの ~~~~ の部分って 様々な方法論が入るんですよね
う~~ん
わたしもいろいろな方法を 知ってはいますが・・・
勉強をはじめたばかりのビギナーさんには なかなか難しいかも・・・なのです。
というか もう少しこの後を お読みくださいね・・・

ちなみに
単語には続きがありまして
まずは オススメの単語集としては 単語と その単語を使った長文(短文でも可) が同時に載っているモノが
オススメです。
というのも
週末です! 週末にその週に覚えた単語が入っている文章を訳すことで 再確認をするのです!
(ってことですよね・・・ 「単語は文章内で 覚えるのがイイ!」 んですよね・・・ 違ってますか?・・・アララ)
そうすると
1語1訳で覚えた単語が 文中で生きた単語に変わって・・・ 
な~~~んて どこかの 良くオデキになる大先生や 塾講師が仰ってますよね~~~
う~~ん 間違ってはいないと思いますが・・・
それって 何十年も前から言われ続けている方法論でして・・・
今の大学入試の傾向を 本当に分析されている方の意見とは・・・到底・・・思えないんですけど・・・ね

 ハ? なんだそれ? どういうことなんだ?   ですか?

それは・・・っていうか 多分ご存知だと思いますので・・・(上で言った ポイントのことです!)
(おわかりにならない方の中で 本気で「知りたい!」という方は・・・もう おわかりですよね・・・メー・・・です)

でも
週末は 覚えた単語の載っている文を訳すことで 確認はしてくださいね!(これは間違った方法ではありません)

上記のようなサイクルを習慣付けるのが
 ② の方々への まずは最初の 勉強方法 です。
もちろん 上で述べてきたのは 勉強方法のほんの一例に過ぎません。
「~~なタイプの人は・・・が良い!」 とか 「ついつい~~しがちな人は・・・すると効率が良い」
様々な方法論があるのは知っています。
ですが ココで全部を掲載するには・・・時間的に~~ 本業も~~ ・・・ごめんなさい。
ですから
はじめにお断りしたとおり わたしが思う 「勉強方法」 を書きなぐっていくだけなので
それでも なにかお役に立つ内容であれば この後もお付き合いください。

本日は 以上です!

乱文・長文 誠に申し訳ありませんでした。

あ! あとは保護者様へ
これからは 勉強時間を尋ねるなんてことはしないでくださいね!(「今日は何時間勉強したの?」なんて・・・)
今日は 何がわかるようになったのか? その内容や項目数をお尋ねくださいね。
よくご質問いただく内容に
「高2だったら 1日平均何時間ぐらい勉強するべきですか?」 といった類のご質問を受けます。
え~~っと
時間数は 学力に比例する とは一概には言い切れません・・・(比例する人もいるかもしれませんが・・・)
逆に お尋ねしたいのは
「1日12時間勉強されて 成績上がらなかったら どうします?」 です。
そうなった時 はじめて・・・
「方法論が間違って・・・」 ってなりませんか?
わたしが思うに 勉強って まずはどんな段階でも 方法論ありき だと考えています。
時間数は お子さま自身 勉強が楽しくなれば どれだけでも長くなっていきます。(ゲームなみです)
ですから
これからは  今日は なにがわかるように または できるように なったのか?
ここをお尋ねくださいね。
もちろん 前日までは わからなかった とか できなかった という内容ですよ!(当たり前ですよね)

                                 次回は 次の段階へ行くか 別のお話にいくか 未定ですが 
                                       がんばりたい! と思っている 塾マニアでした~
スポンサーサイト
  1. 2013/07/29(月) 23:47:41|
  2. ツボの箱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<乗り越えて・・・1 | ホーム | 細かく・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zyukumania.blog.fc2.com/tb.php/70-cc4b2e4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

塾マニアとは・・・

ZyukuMania

Author:ZyukuMania
愛知県内を中心に
すべての塾・予備校を
熟知しているかどうかは・・・

自身は至って真面目な・・・ つもりですが・・・ ご意見・ご質問は 下段コメント欄 または zyukumania@ 後ろにyahoo.co.jp へ お願い致します。

呟き(T_T)

呟いてもいます・・・

Twitterなども始めてみました・・・  別サイトなどへも

このブログをリンクに追加する

カレンダー

マメに更新がんばり・・・たいです!

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

開けてなるほど!

ご連絡方法がスグに見つからない方への 学参(参考書・問題集など)もココで・・・

連絡の箱 (3)
学参の箱 (1)
注意の箱 (19)
面白い箱 (3)
便利な箱 (1)
回答の箱 (10)
呟きの箱 (26)
中前の箱 (1)
中学の箱 (5)
高校の箱 (15)
浪人の箱 (2)
特殊な箱 (5)
ツボの箱 (22)
未分類 (20)

最新の記事

なるべく古い方から閲覧頂いたほうが・・・ いいかもです

みなさまからと塾マニアからの

コメント・返信・ご連絡などです

検索される方は

キーワードを入力してください

閲覧頂いた有難い方々の人数

非常に嬉しいのですが・・・

ブロとも・・・って言うんですね

この人とブロともになる

さすがに・・・いないですよね

QRコード

コレもあんまり必要ないような・・・

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。