塾選びのお悩み解決します!

勉強方法・参考書選び・塾選びなどに困ったら!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新シリーズ 『ツボ』

                        国語のツボ          其の壱

 みなさん、こんにちは。
朝・昼・晩の温度差に身体がついていかない塾マニアです。

本日から新シリーズ ツボ を掲載していきます。
ツボ・・・? なんやそれ? ですよね。
毎回テーマとなる科目の攻略法などを 教えていこう・・・なんて大それたことは考えておりません。(ごめんなさい。)
テーマになる科目に関して わたしなりに思うことを掲載していくだけです。
もちろん
途中で個人的意見になってしまったり、みなさまからご批判される内容になることもあるかもしれませんが
まっ そんへんは 「たかがひよっ子の戯言」 と一蹴していただければ幸いです。
たまに勉強方法などにも言及することがありますが
これも 万人向けのものでは 決してありませんので 予めご了承ください。
いろいろ 御託を並べても仕方ないので 始めてみますね。
ご参考になれば・・・うれしいのですが・・・(そんなときは 「拍手」 ください・・・)
ちなみに・・・
「ツボ」 という言葉は 師匠の塾からパクらさせて頂きました。(師匠・・・いつも・・・すんません)

では

まずは わたしの受験時の国語の成績ですが・・・
センター試験は 漢字をミスってしまいました・・・(だから誤字が多いんですね)
あとは全部できました。(模試でも浪人時の2回目のマーク模試からは漢字のミスだけだったと記憶してます)
二次試験も国語はかなり好きな科目になったのですが、配点が少なくて残念でした。
オマエの自慢話は要らんわ! ですか?
いえいえ 一応です。 だって全く国語できない人がお話しても信憑性0ですもんね。

ところで
みなさまは 「今でしょ!」先生の講義を お聞きしたことはありますか?
(東◯高から東大文Ⅰ・・・すごいですね)
先日
わたし全部拝見したのですが・・・
確かに おもしろい講義ではあると思いました。
しかし・・・
アレって 他の予備校の講義と 何が違うのでしょうかね?
とにかくテンポがいいです。 お話が滑らかと言いますか スムーズと言いますか(編集してるから当たり前ですね)
でも
よーく聞きましたが とにかく難解な言葉が多すぎな感じでした。
つまり
国語能力を 1から教えていくのではなく すでに国語能力のある学生用の 講義でした。
あの講義は 東大を受からせるためのものではなく 東大の問題に対する難解な解説で
東大・京大レベルの国語能力が あるのか ないのか を判断するための講義ですね。
でも
それも当たり前ですよね。 東大受験用の講義ですもんね。(他の予備校も似てる気がします)
「今でしょ」先生ご自身も 仰っていますが
「国語能力は3~5歳までで決まります」 だそうです。
つまり
その後からでは・・・どうなんでしょうね?

今では テレビをはじめ メディアに引っ張りダコの 大先生ですが
「おいおい本業大丈夫か?」 などと ツッコまれそうですが 東進の形式であれば 問題はありません。
だって 収録ですもん・・・1年分の講義・・・ヘタすれば前の使い回しでもいいですしね・・・
それより
大先生が踏まれていく地雷がすごいと思いませんか?
東大出て 塾講師をやられてる方は結構います。 そこはいいのですが・・・
「数学を教えようと思っていたけど 英語を教え (逆だったかもしれませんが・・・間違ってたらすいません)
結局 国語の講師になった。」
ん? 専門性ないんかい! なんてツッコミも  あまり問題ないかと思います。
だって・・・大学受験に対して専門性って・・・ 何ですか?
(わたしも・・・英語とか国語とか数学とか 教えてますしね・・・あっ わたしはバイトでした・・・)
大先生の地雷踏みは そこではなく・・・
「国語講師なら勝てると思った(1番になれるということらしいです)」 ここですよね。
大先生が国語講師になられるよりも以前に いらっしゃった講師の先生方・・・の立場は・・・?
(出◯先生 とか 樋◯先生とか・・・ 有名な講師の方々いっぱいいらっしゃるのに・・・)
うーーーん すごい地雷をお踏みになりますね。
また
大手某銀行をお辞めになってから 塾講師になるまでの経歴も・・・
塾講師って 結構簡単になれるんですね。(あっ! 東大ですもんね 「地頭」 が違いますよね!)
もう1つ
解答ですが 東大生とご一緒に作成されてるそうですね・・・???
・・・「今でしょ」先生の お話はこのぐらいにしておきます。
様々なところで いろいろ言われてるみたいですし ご本人には戦略もあるそうです。

さー なぜ「今でしょ」先生のお話をしたのか?
「国語力は3~5歳で決まる」 これが少し気になるからです。
もちろん
大先生は 「その後では無理!」 などとは仰られてません
(たぶん・・・でも 3~5歳しか 言ってないような・・・気がするのはわたしだけですね)
わたしの個人的意見にいきますね!
        国語力は いつからでも上がる!   です。
ただし!
真の国語力なんて お話ではなくて 
あくまでも 受験(特に大学受験)に必要な 国語力 のお話です。
例えば
大学受験の数学も完璧で 大学も理学部数学科へ進学し そこでも能力発揮! とか
英会話はペラペラだし 受験英語も完璧! 大学では英語であらゆる分野の論文書いてます! なんて方々は
問題ありません・・・っていうか すごいですね!(一握りぐらいしかいない気がするのはわたしだけですよね)
しかし
そんな 三度のメシより 「◯◯好き」 といった方々ばかりではありませんよね。
幼少期や未就学期から 数学や英語や国語に触れている方は さぞお出来になるでしょうが
(ちょっと嫌味臭いですか?)
そうでない方々は 学校へ行くようになってから 様々な科目に触れていきますよね。
ここからは そんな本当に普通の 極々普通の方々へのお話です。
「英才教育が~」 とか 「幼少期に~」 といったみなさまは スルーしてください。

(2度目の)では

まずはわたしのお話(何度もすいません)です。
わたしは 幼少期より国語に触れる機会は そこそこあったと思います。(父上様、母上様ありがとう)
しかし
小学校までは良かったのですが
中学校からは 国語・・・結構苦手になってしまいました。(父上様、母上様ごめんなさい)
定期テストはもちろん 極めつけは 模試・・・ 一番ひどいときは マーク模試・・・36点・・・グハ(汗)
(あ・・・200点満点ですよ)
わたしの暗黒期のお話はさておき
なぜ 点数が上がったのでしょうか?
そこが 本日一番言いたいことなのです。

みなさまに質問です。
「数学ってどうやったら 点数取れますか?」 「英語ってどうやったら 点数取れますか?」
「社会は? 理科は?」
どうですか?
この質問に対して 「定期テストの話ですか?」 「大学受験の話ですか?」 と
逆にお尋ねになる方・・・

まずは 正解です!
??? オマエ何言ってるんだ? ですよね。
「定期テスト対策がんばってれば 大学受験の対策も自然に身につくだろ!」 なんて お利口さんは置いておいて
定期テストの対策と 受験対策って 違うとお考えの方々・・・
では次のご質問です。
「定期テストってどうやったら 点数取れますか?」 「大学受験ってどうやったら 点数取れますか?」 です。
もちろん
得意科目で結構です。 お考えになってみてください。(かなり具体的にですよ!)

どうですか?
なんとなく 対策方法ありますか?
全くわからん! って方・・・ まずは 何でもいいので勉教しましょ! ですよね?
なんとなくはあるような~ って方・・・ そこにヒントがあります!
オマエ・・・焦らすよな~~ ですよね。
では 少しヒントです。
数学で言えば 関数が出題されたら (関数によりますが) 問題をチラッと見て
因数分解したり 微分したり 加法定理使ったり すぐに鉛筆動きませんか?
英語で言えば 穴埋め問題なら着眼点を探したり 
和訳なら 固まりを作ったり 文型判断したり 文法事項見抜こうとしたりしませんか?

国語ではいかがですか? 試験開始と同時に どのように動かれますか?

何度も言いますが
感覚的に 英語や国語が(数学を感覚的って・・・スゴイっすね)解けてしまうような方々は いいんです。
(感覚的と言えば・・・学校の先生に多い気がしますが・・・「オマエのわからんってところが わからん」 
なんて言われた経験ありませんか? わたしはあります・・・アホだったので・・・)
感覚的に解かれている方には 伝わりにくいと思いますが
そういった方は スルーですよ! (くどいですね)

国語の定期テストの点数の取り方って わかりますか? 受験勉強の仕方って わかりますか?
「本をだな~ たくさん読ん・・・」 「問題をたくさん解いて・・・」 「作者の心情を・・・」 
・・・これで わかるようになりますか? 国語力つきますか?
わたしは そういう指導では 国語が身につきませんでした。 (ダメちゃんだったのです)
何度も何度も 真面目にやろうと思ったのですが ダメでした。

しかし! しかしです!
ある時点から 激変していくんです!
それは
         国語も 勉強や受験の科目なんだから 絶対的な方法論がある!
コレ・・・もうバレてると思いますが・・・師匠の国語指導の第一歩です。
わたしの頭に ガツーンって 衝撃が走りました!
ん? 方法論? おもろそう! って感じでした。

幼少期からの 訓練で点数が取れる子は それでいいのです。
でも
幼少期からやっていても解けなくなってしまった(わたしのような)方や 
幼少期からやってない方は どうすればいいのか?
ってことを ものすごく明確に理解させてくれるヒントになる言葉だと思います。

そうなんです!
国語にも ちゃんとした方法論があるのです。
そうでなければ 感覚的に解ける子たちだけの科目? いえいえありえません。
受験必須になる科目は 正しい方法論で勉強すれば 1年~2年(人にもよりますし 方法論にもよりますが)ぐらいで
ある程度は 克服できるものばかりです。
有名国公立大学の入試問題でも 同じです。
「立ち位置」にもよりますが 正しい方法論で 勉強すれば 必ずなんとかなります。
そうでなければ
有名国公立に進学できるのは・・・やはり・・・「地頭」ですか?・・・
わたしは 個人的意見ですが そうは思いません!

おっとっと・・・
久々に すごく長い文面になってますね・・・

あ! 塾マニア! テメ~~終わる気だな(怒)!

いえいえいえいえいえいえいえ         つづく         です。

本日は 以上です。 ごめんなさい。

乱文・長文・かなり個人的な意見 誠に申し訳ありませんでした。(まぁ わたしの ブログ なので・・・)

                                  ちょっと「国語」にエキサイトしてしまった 塾マニアでした~

ちなみに
「今でしょ」先生に関しましては
東大ブランドを 見せつけてくれたことには ちょっと感謝してます。
(東進の他の便乗講師さま達には興味はありませんけどね)
チクショー やっぱ東大行くべきだなー って少し思っちゃいました。 もちろん 少しだけ ほんの少しだけ です。
でも
(絶対無理だったとは思いますが)行ってたら このブログやってませんでしたし
みなさまともご縁がなかったかもしれませんから 行かなくて良かったです!
(という 強がりと言いましょうか 負け犬の遠吠えだと 思ってください・・・ グスン・・・なんてね)

次回は本日のつづき・・・というか 戯言のつづきを がんばります!
スポンサーサイト
  1. 2013/06/04(火) 21:16:27|
  2. ツボの箱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<『国語のツボ!』 | ホーム | マニアはマニアですが・・・>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/06/08(土) 21:47:30 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zyukumania.blog.fc2.com/tb.php/50-27ea136b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

塾マニアとは・・・

ZyukuMania

Author:ZyukuMania
愛知県内を中心に
すべての塾・予備校を
熟知しているかどうかは・・・

自身は至って真面目な・・・ つもりですが・・・ ご意見・ご質問は 下段コメント欄 または zyukumania@ 後ろにyahoo.co.jp へ お願い致します。

呟き(T_T)

呟いてもいます・・・

Twitterなども始めてみました・・・  別サイトなどへも

このブログをリンクに追加する

カレンダー

マメに更新がんばり・・・たいです!

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

開けてなるほど!

ご連絡方法がスグに見つからない方への 学参(参考書・問題集など)もココで・・・

連絡の箱 (3)
学参の箱 (1)
注意の箱 (19)
面白い箱 (3)
便利な箱 (1)
回答の箱 (10)
呟きの箱 (26)
中前の箱 (1)
中学の箱 (5)
高校の箱 (15)
浪人の箱 (2)
特殊な箱 (5)
ツボの箱 (22)
未分類 (20)

最新の記事

なるべく古い方から閲覧頂いたほうが・・・ いいかもです

みなさまからと塾マニアからの

コメント・返信・ご連絡などです

検索される方は

キーワードを入力してください

閲覧頂いた有難い方々の人数

非常に嬉しいのですが・・・

ブロとも・・・って言うんですね

この人とブロともになる

さすがに・・・いないですよね

QRコード

コレもあんまり必要ないような・・・

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。