塾選びのお悩み解決します!

勉強方法・参考書選び・塾選びなどに困ったら!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

知ってますよね!Part 2

 塾選びのお節介!                    其の番外

 有意義な週末をおくりちょっと満足気味の塾マニアです。
本日は番外編国公立大学vs私立大学です。

では

わたし塾マニアは比較的国公立派です。
理由は多々あります。(決して自身が国立だから・・・というわけではありません)
ではそのメリットとデメリットを挙げていきますね。(私大も含めてですけど)

メリット

1. まずは費用です。(当たり前ですかね)
   私大も最近では安くなったと言われてますが、それでも国公立の比ではありません。
   あまり偏差値(コレも変な言葉ですが)の高くない私大へ現役で行くよりは
   1浪して国公立に行ったほうが安い場合がほとんどです。
   ただし
   1浪すれば絶対国公立にいけるというわけでは・・・ですね。 

2. 就職に強い。(コレも当たり前ですね)
   コレは詳細までお調べ下さい。
   例えば
   今年度の就職内定率は国公立と私立では7~8ポイント国公立が高いだけですが、
   一流企業の内定率までお調べいただくとその差は歴然です。(っていうか驚愕です)

3. 2と被りますが、都道府県のトップ大学はほぼ100%国公立大学であること。
   コレもお調べいただければ簡単にご理解いただけると思います。
   ただし
   学部や学科によってバラつきがあるのも確かではあります。

4. 総合大学が多い。
   コレは全てではありません。(ご存知ですよね)
   では
   「なぜ総合大学のほうがいいのか?」   ですよね。
   みなさんは大学生の在り方に何を望まれますか?
   この質問に対しては様々なご意見があるかとは思いますが
   「広い視野で世の中が見れるように・・・」とか「異なった学問研究分野の・・・」
   「いろいろな学部のお友達と・・・」といったご意見をお持ちの方にはご理解いただけるかと思います。

他にも多々メリットは挙げられると思います。
(また気づいたら書き加えていきますね)

次に
デメリット

1. 入試が大変
   ご存知のようにほとんど全ての国公立はセンター試験+二次試験という2回の試験があります。
   また
   試験科目も多いですね。(理系に古文・・・うーん 文系に微積・・・うーん)
   コレには賛否両論ありますが、わたし個人としましては試験科目が多いことには賛成ですかね。
   (わたしの意見なんて・・・ですね)
   
2. 1と被りますが、同じ大学は最大で2~3回しか受けられない
   コレ、語弊があるといけないので よ~~く読んでくださいね
   現在、国公立大学は前期試験・中期試験・後期試験の3回が行われています。
   しかし
   各大学の動向としまして
   後期試験廃止、前期試験廃止の動きがあります。
   例えば
   名古屋大学の医学科は前期と後期の最大2回受験ができます。
   しかし後期の定員はすごく少なく、いずれは・・・らしいです。
   ちなみに他の学部は前期試験のみです。
   または
   「ど~~しても名市大へ行きた~~い!」と思ったとします。
   すると前・中・後と3回名市大を受験することも可能といえば可能です。(そんな人まずいませんけどね)
   ただし
   同じ大学の同じ学部は前後期の2回が最大なのです。
   ソレに対して
   私大は同じ大学の同じ学部が そりゃまぁ多種多様に受験できます。(センター型とか多科目型とか)
   ココは実際に受験される大学をよ~~くお調べ下さい。

あとは何でしょうね~ センスが悪い(ファッションですかね。こりゃ失礼ですかね)とか・・・
コレも多々あるかもしれません。

さ~いかがですか?
あまり例が挙げられませんでしたが、みなさんはどっちでしょう?
ただし
私大が全体的に悪いか? といえば そうでもありません。
かなり頑張ってらっしゃる私大もあるにはあると思います。
しかし
あまりがんばっていない私大が・・・かなり多くないですか?(国公立も例外ではないですけどね)

「フン!ウチの子、もう私大行ってしまったわ!」・・・という方!

まだまだ大丈夫ですよ!
ココからが
本日の本題です!

「なに!塾マニア、また変な提案してくる気か!」   ですかね。(すいません)

私大へ行ったその後で・・・
コレが本日のテーマです。

簡単に言いますと
1. 編入試験で国公立へ行く。
2. 大学院で国公立へ行く。       です。

コレ!みなさまがお考えになってる以上に簡単だったりするのです!(難しいところもありますからお調べくださいね)
ただし
現在通学していらっしゃる(または今後入学される)私大で、編入試験や院試に必要な単位が取得できるか
どうかが ものすごく大事ですから 絶対お調べくださいね!

ちなみに今年度(あ!もう昨年度ですね)
淑◯大から名◯屋大へ編入した方もいるようです。(週末仕入れたネタです)
学費も安くなるし、結構メリット多い気がします。(デメリットもありますけどね)

コレ、1度お考えになられてもいいのではないかと思いましたので
番外編として掲載させていただきました。
いかがでしょうか?
(「アホか~知ってるわ~」 「ブログで言うなよ~倍率上がるやん!」ですかね
 大丈夫ですよ~ココぐらいならあんま増えませんよ~  です)

ご存知のことかとは思いますが・・・

以上です。

乱文・長文 申し訳ありませんでした。
                                                  4月になり、忙しくなる 塾マニア

ブログの更新だけはがんば・・・り・・た・い です
(そんなに期待されてませんよね~  ガックリ)
   
   
   
スポンサーサイト
  1. 2013/04/01(月) 23:32:14|
  2. 注意の箱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<知ってますよね!Part 3 | ホーム | 知ってますよね!Part 1>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/04/02(火) 12:00:02 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

お願い

あの・・・超進学校っていうのは、東海と南山女子の事と考えればよろしいのですよね、滝中学は含まれないと考えればよろしいのでしょうか?
滝中学の情報が少なく困っておりますので、できましたら、滝中学のことも時々触れていただけるとうれしく思います。
  1. 2013/04/09(火) 05:46:12 |
  2. URL |
  3. とこ #-
  4. [ 編集 ]

Re: お願い

>とこ様

もちろん!滝中学も含まれます!
今後は滝中学の情報にも触れていきますね。
貴重なご指摘、誠にありがとうございました。

                     塾マニア
  1. 2013/04/09(火) 10:52:55 |
  2. URL |
  3. ZyukuMania #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zyukumania.blog.fc2.com/tb.php/19-181ee2b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

塾マニアとは・・・

ZyukuMania

Author:ZyukuMania
愛知県内を中心に
すべての塾・予備校を
熟知しているかどうかは・・・

自身は至って真面目な・・・ つもりですが・・・ ご意見・ご質問は 下段コメント欄 または zyukumania@ 後ろにyahoo.co.jp へ お願い致します。

呟き(T_T)

呟いてもいます・・・

Twitterなども始めてみました・・・  別サイトなどへも

このブログをリンクに追加する

カレンダー

マメに更新がんばり・・・たいです!

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

開けてなるほど!

ご連絡方法がスグに見つからない方への 学参(参考書・問題集など)もココで・・・

連絡の箱 (3)
学参の箱 (1)
注意の箱 (19)
面白い箱 (3)
便利な箱 (1)
回答の箱 (10)
呟きの箱 (26)
中前の箱 (1)
中学の箱 (5)
高校の箱 (15)
浪人の箱 (2)
特殊な箱 (5)
ツボの箱 (22)
未分類 (20)

最新の記事

なるべく古い方から閲覧頂いたほうが・・・ いいかもです

みなさまからと塾マニアからの

コメント・返信・ご連絡などです

検索される方は

キーワードを入力してください

閲覧頂いた有難い方々の人数

非常に嬉しいのですが・・・

ブロとも・・・って言うんですね

この人とブロともになる

さすがに・・・いないですよね

QRコード

コレもあんまり必要ないような・・・

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。