塾選びのお悩み解決します!

勉強方法・参考書選び・塾選びなどに困ったら!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

すでに・・・

                        ヤバっ!          【中期段階編】

 みなさん こんにちは。
本日・・・なんと アノ 「今でしょ」先生が 東◯高校にいらっしゃってるんですね。
朝から整理券待ちの長蛇の(?)列ができたんだろうな~っと 
ちょっとタメ息が出そうになってしまう 塾マニアです。

「なんだよ塾マニア嫉妬か?」 「オマエも見に行きたかったんじゃないのか?」 ですか?
う~~ん ちょっと違うかも・・・

わたしは本業が塾講師ではありませんし 
現在のテレビの影響や 番組の構成の仕方・・・コレ、意味おわかりになりますか?
そして それに伴う 世の中の人々の誘導のされ方・経済の流れ・その連続性・・・
また 実際の大学受験への正しい知識・その難易度 結局は本人の努力次第な部分・・・
様々なことを考えると・・・ちょっとタメ息が出そうになるだけです。
(ひよっ子のくせに生意気ですね・・・すいません)

さて
本日の内容ですが 学内順位でいえば 中位の方々です。
この 「中位 という位置づけ・・・結構わかりにくいですよね。
まずは そのあたりからお話していきますね。

では

中位 って 一体、何番から何番までなの? ですよね?
これは 学校によっても様々ですよね。 点数によっても様々ですしね。
そもそも 定期テストレベルで考えた場合の順位って 大学受験にどれぐらい反映されるんですかね?
例えば
1学年400人程度の高校の場合
超進学校の 100位~250位ぐらいと 進学校の 100位~250位ぐらいと それ以外の・・・
これって どう対応してるんですかね?
実力テストって 本当に実力なのですかね?(実力なのに範囲があったり・・・アレ?ちょっと矛盾してるような・・・)
細かな部分を考慮すると なにが 中位 の位置づけなのか ちょっと曖昧になってしまいます。
(そこが 落とし穴 な気がしますけどね・・・つまり 中位 の方々の油断につながってる気がします)
しかし
そんな曖昧な 中位 ですが
その位置づけは そんなに難しいものではありません。
逆をお考えいただければ 簡単に理解出来ますよね。
つまり

落ちこぼれ 以上 上位 未満 です・・・(当たり前な定義ですが 本当にお気づきでしたか?)

様々な反論もあるかと思いますし 大学受験をされる方々全員を考慮した場合は
その意味合いは変わると思われますが
本日のお話に限った 中位 は上記の位置づけでお考えください。

さ~~多分一番人数の多いと考えられる 中位 のみなさま~~
特に中1~高3までの 中位 のみなさま~~
最近はいかがですか?
 ん? 上位目指してがんばってるよ!          お~~セーフ!
 この1教科さえ克服出来れば・・・             うーーん・・・まだセーフ・・・かな
 夏休みで挽回するつもりだよ!              期末テストでちょっと挽回しておきましょうよ・・・
 なんか目標とか目的が見えてこないんだよね~   ・・・それって ちょっと言い訳っぽくないですか?
 いや~部活とかが忙しくってさ~~ 友達がさ~~  彼女がさ~~(彼氏がさ~~)
 新しいゲームが~~ 買い物が~~・・・(果てしなく続きます)
 最近全然勉強やってない・・・
 勉強する意味を感じない・・・哲学者みたいなこと言いますね・・・じゃ~なんで学校行ってるんですかね?
 どうでもいいわ とにかく眠いんだよ! 余計なお世話だよ! 放っとけ!
 ・・・落ちこぼれ」ちゃいますよ・・・って言っても・・・もう手遅れですかね・・・

いかがですか? 心当たりがありませんか?

どんな風に言われたり 考えたりしても ヤル気にならない方々は仕方ないのですが (見放すわけではないですよ)
危機感 を感じている方は
まず短期的な目標として 今回の期末テストで(来週からの人たちだけになってしまいますが)
英語と数学だけでも 目標点を設定して 是が非でもその点数を取ってください!
(「平均点あればいいや~」 なんて言わないでくださいね! その考えがどんどん点数を下げていきますよ!)

期末テストが終わってしまった方は 夏休み明けの実力テストの目標点を決めてください!
でも・・・
実力テストは 約2ヶ月後なので その間に・・・また油断して・・・勉教しなくなっちゃいますかね?・・・
それでも
目標設定をしないよりは まだマシです!

本日の内容・・・何がお伝えしたいか ご理解いただけたでしょうか?

中位の方へ
まだまだ勉強ヤル気がある方は がんばってください!
ヤル気がなくなっている方勉強しない言い訳が先立ってしまう方は 
とにかく短期的目標でいいいですから 目標点を立ててください!
その点数が取れればいいだけです! それだけでいいですから 頑張ってみてください!

以上が 本日言いたい内容でした。

乱文・長文 誠に申し訳ありませんでした。

あ!!!!
本日って 落ちこぼれ の方へのメッセージを掲載予定でしたね・・・
誠に申し訳ありませんでした。 次回こそ・・・ 本当にごめんなさい。
                                             この後 バイトへダッシュで行かなければ
                                             そして 今日もがんばるぞ~~~~っと
                                             気合を入れる 塾マニアでした~ 
スポンサーサイト
  1. 2013/06/29(土) 12:25:44|
  2. 注意の箱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やはり・・・

                       予想通り・・・          【初期段階編】

 みなさん こんにちは。
前回の終わりがけの記事に すごい反響があり 「やはり・・・」と思う塾マニアです。
本日は それに関する内容です。

では

本日は(も)勉強がデキない方々向けの内容ですので
勉強デキる方々は スルーしちゃってくださいね。

前回の終わりに 下位層の方へのお話をしました。
それに関して 本当に多数のメールをいただきました。
しかも
変なメールは1つとしてなく (わたしへのメールにしては珍しく・・・痛いの多いっすからね)
ほぼ全てのメールが できないお子さまへのお悩みであったり 原因 や 現状 などばかりでした。
以前からわたしは何度も言ってきましたが
大学入試までを お考えになっているすべてのご家庭で
勉強に関して 問題ないお子さま と 問題あるお子さま ってどちらが多いでしょうか?
わたしは
圧倒的に後者つまり 問題あるお子さま の方が多いと考えています。
 「そうかな~?」 ですかね? 「当たり前だろ!」 ですかね?
1つの学校を 取り上げてみても 明らかなのですが
学年順位で 何番から下が危険なのか?
これは 学校によって または 学年によって 様々なのですが
いわゆる 落ちこぼれ が一人もいません! なんて学校は ほぼ皆無ですよね?
以前 師匠にお願いして 関西方面でお仕事を お手伝いさせていただいたことがあります。
その時の お相手は・・・
関西圏トップの ◯高校(1文字の男子校なのでヒントが書けません・・・あ!コレがヒントになっちゃいますね)
奈良県の超進学校 ◯大寺・◯大寺
和歌山県のトップ校 大阪の多数の超進学校 京都の・・・滋賀の・・・
全国的にも 超有名校ばっかりやん! これは・・・チャンス!

いろいろな高校生と お話する機会だったのですが
わたしの興味は
そんな名だたる高校にも 落ちこぼれ はいるのか?
その人たちは どの程度の 落ちこぼれ なのか?
その人たちは その後どうなっていくのか?
などなど
ほとんど 落ちこぼれ 一本でした。
そんなわたしの くだらない質問にも みなさん気さくに答えていただき
(師匠の教育がいいんでしょうね~・・・ただ単に 師匠が恐ろしいだけ・・・なんてことは・・・大ありですね
大変貴重な ご意見をいただきました。
その中でも わたしの予想は・・・       「やはり・・・」     でした。

余談はさておき
中1生の今の段階で いわゆる 落ちこぼれ はいないかもしれませんね。(本当にいないですかね?)
特に 私立の超進学校・進学校と言われてる学校ではどうですかね?
公立中学の場合は 地域によって行く学校が決まりますから 
小学校の段階で 「お勉強」 が破綻してしまったお子さまは
中1の段階でも 落ちこぼれ はいるかも・・・です。
(ちなみに・・・わたしは落ちこぼれという言葉がキライではありません!)

勉強がデキなくなってしまうのには様々な理由があると思いますが
本日の 落ちこぼれ は
中入試を経て 私立中学へ進学された方と 
公立中学へ進学されて あまり勉強に問題のない方に 限ってお話してまいります。
まずは
落ちこぼれる キッカケ です。 ここに きちんとアンテナを張っているか? ですね。
最初は ある程度の方に関して言えば 差はほとんどない のです。
もちろん
中には 勉強に対して まったく適性を示さない方もいるかもしれません。
勉強とはまったく違う分野に目覚める方もいるでしょう。
そういった例外的な方のお話は 本日は無しにしましょう。

もどしますね (例外を無くしておかないと すぐに色々な矢が飛んでくるので・・・)

          差がほとんどない状態だったのに 差ができ始める。

当たり前のように思われるかもしれませんが

                  これって なぜですか?
性格? 年齢によるもの(反抗期など)? 交友関係? 部活? 遊び(ゲームなど)? ・・・

もう1つ質問ですが
わたしの率直な意見ですが・・・
本当のキッカケや原因と ご両親が予想するキッカケや原因と お子さまが言うキッカケや原因って
                  ズレてたりしませんか?
                        ・・・
                        ・・・どういうこと?
ですか?
え~~っとですね~
例えば あくまでも 例えばですが
               真実として 勉強サボりまくってた だから 成績が落ちた。
たったこれだけが真実だったとします。
その時 ご両親は 「なんでこんな成績なのーーー!」 となったとします
     お子さま  「勉強はしたんだけど・・・」 となったとします。
ここまではよくあるお話です。
次のテストで
ご両親は お子さまがテスト勉強している姿を見たとします。
しかし それは お子さまが ご両親の目を欺くポーズだったとします。
もちろん テストの結果は ・・・
テスト結果をご覧になったご両親は・・・どう思われますか?
その結果を お子さまに追及した時 お子さまはなんとお答えしますか?(すると思いますか?)

よく耳にするお話に 「ウチの子勉強は真面目にやってるんです! でも成績が・・・」
             「ウチの子は真面目な性格なので キチンと理解しないと次へ進めないのです!」
             「ウチの子はやればできるタイプの子なんです!」
             ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ (ここは果てしなく続いていくでしょう)
それに対して     「ぼくだって(わたしだって)がんばってるんだよ!」
             「勉強してるの知ってるでしょ!」
             「学校で習ってないとこがテストに出たんだよ!」
             「塾の先生が教えてくれたことが1つも出なかった!」
             「じゃーお母さん(お父さん)は勉強してたの?」
             「わたしはお母さんのために勉強してるわけじゃない!」
             「おれのこと(わたしのこと)が信じられないの?」・・・(コレ・・・子どもの必殺技ですよね・・・)
             ・・・ ・・・ ・・・ (ここも果てしないですね)
どちら側のご意見かはおわかりになると思いますが
結局のところ
勉強ができなくなってしまう ほんと~~~~うの キッカケ または 原因は 何なのか? 
                 おわかりいただいているのでしょうか?

ちなみに
これは あくまでも 落ちこぼれ になってしまう初期段階のお話ですからね!

キッカケに アンテナを張り 真実を理解し 初期段階での在り方を じっくりとお考えいただけたら 
かなり 回避できるような気がします。

しかし!!!!!
問題は~~~~~~ もうすでに 落ちこぼれ になってしまってる人・・・です(よね?)!
               「キッカケ? 原因? そんなん もう忘れたよ~」
こんな方々ですよね。
(この方々からのメールが一番多かったです)
その方々にも 思うところがあるので 掲載・・・ ・・・ ・・・ ごめんなさい (先に謝っておきますね)
次回 掲載したいと思います(大汗)

本日は以上です。

乱文・長文 誠に申し訳ありませんでした。

                               落ちこぼれの人って言葉はもったいない人って言葉だと
                               でも 良く言えば 果てしなく伸びる人 と教わった時
                                確かに ウンウン と納得した 塾マニアでした~
                                     (可能性ですね 伸びる可能性です)
  1. 2013/06/27(木) 22:40:21|
  2. 注意の箱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1学期の締めくくり

                  The 期末テスト!

 みなさん こんにちは。
今年から 新たな試みを始めたばかりに・・・大忙しの塾マニアです。

この 「新たな試み」 のおかげで(せいで・・・) テスト前はバッタバッタで
なかなか更新ができなくて すいません。

え? 「新たな試み」 って何か? ですか?
うーん まだ結果が出てませんから 内緒ということで・・・
いつか掲載できるといいのですが・・・

早い学校だと今週から 期末テスト ですね。
私立は 来週以降ですかね。

みなさん テスト勉強 はいかがですか?

本日のテーマは The 期末テスト! です。
いよいよ 1学期の締めくくりですね~。
これが終われば 夏休み です。
今回も 各学年の注意点などを まとめてみます。 

では

中1生
公立・私立ともに 中間テストの維持または挽回が 最重要課題ですね。
まだ新学期が始まって 3ヶ月弱 ここで遅れると ズルズルといってしまう可能性が出てきます。
内容的にも まだそれほど難しくありませんから しっかりとテスト勉強してくださいね。

中2生
公立・私立ともに かなり差ができ始めている時期だと思います。
ココから1年間で さらに差が広がっていきます。
成績を取れてる方は 気を緩めずに! です!(すぐに落ちていってしまいますよ)
中位層の方は 挽回です!
下位層の方は ・・・まだ現状のままいくのですかね・・・赤点取っても平気な状態を続けるのですかね・・・
今なら まだ何とでもなるのに・・・もったいないです・・・

中3生
私立の方は 間もなく高校過程に入る学校もありますね。(もうちょっと先かな)
高校過程に入ると 数・英 はかなり差が広がります。
ですから
基礎事項としての 中学過程の範囲は しっかりと押さえてくださいね。
私立で下位層の方は ・・・まだ勉強しはじめるキッカケが見つかりませんかね?
全体の下位2割に入っている方は ここからさらにどん底に入っていきます。
この時期から 夏休み が挽回の・・・チャンスになるといいですね・・・(無理な可能性が高そうですが)

公立の方は この期末終了時から夏休み明けまでが 第一段階目の重要な時期です。
(どういう意味で重要なのかは またメールででも お尋ねください
 以前公立入試対策クラスを担当したこともありますが この時期は なかなか大事ですよ!)
もちろん
期末テストの点数は最重要です!

高1生
私立の方は 
上位層は とにかく現状キープ(順位は少しでも上の方がいいですよ)
テスト後余力があれば 入試レベルの問題にも チャレンジしてみましょうね。
中位層・下位層は ここで勉強の習慣付けをするべきです。
そして 夏休みへの土台を作れたら いいのですが・・・なかなか難しいですかね。
ちなみに
中位層・下位層のみなさ~~ん
気休め程度に 予備校の夏期講習なんて行っても まったく まったく意味ないですからね!
公立の方は
中間テストはいかがでしたか?
1学期の期末テストだと まだそれほど難解なところはなさそうですかね?
数学だと 確率・個数処理とか整数範囲とか(新課程範囲ですね)
英語も 文法が結構細かくなってきますね(助動詞・時制・態あたりですかね)
この期末テストで キッチリと点数取って 2学期以降はキープをしてくださいね。

高2生
公立・私立とも
数学は 三角関数から微積あたり と ベクトル・数列あたりが範囲ですかね。
以前の記事でも掲載しましたが 上位層にとっては 一番点数が取りやすいところですね。
計算ミスなどに気をつけて キッチリ上位をキープしてください。
もちろん
テストが終わったら 受験勉強への切り替えもスムーズにいきましょうね。
中位層・下位層の方は
ベクトル・・・(ベクトル方程式以降ですかね) 数列・・・(帰納法・漸化式あたりですね) は
かなり差ができる範囲です。
(以前・・・公立の◯里高校で この数B範囲・・・赤点が・・・すごかった時があります
 なんと学年の・・・◯◯%が追試・・・ヒドい・・・)
今のうちに がんばっておいても 決して無駄にはならない(今までのも全てですが) と思いますよ。

高3生
いよいよ この期末テストが終わると 年内は残すところ あと半年です。(1年の半分は6月終了時ですよ!)
年が明ければ すぐにセンター試験ですよ!
点数や順位は もちろん大切ですが
分野ごとに 苦手なところをチェックして 夏に繋げなくてはいけない時期です。
しかも 進学校は そろそろ数Ⅲ・Cなどは 終わりに近づいてますね。
(理科・社会は まだ終わってないかも・・・ですが)
特に 理系にとって夏休みは 数Ⅲ・Cをまとめて復習する絶好の時期です。
苦手な部分を作らないように がんばってくださいね。
中位層・下位層の方へ
志望校にもよりますが まだ間に合いますよ! とは言えなくなる時期になってきました。
来年の4月からの ご自身の在り方を想像してみてください。

                         どうしますか?

まだ                「おれは やればできるタイプだから」 なんて気休めに頼りますか?
そろそろ              「おれは 結局 やらなければできないタイプだから」 ってことに気づけますか?

御託並べは いいのです  勉強するのか? しないのか? 要はそれだけ・・・の時期になってますよ~  
下位層の方を取り巻いてる環境は そんな単純なものではないのでしょう
                      部活や交友関係も さぞ複雑なのでしょう(ちょっと嫌味入ってますよ)
しかし
下位層の方が 勉強しない(またはできない)理由って
                  受験では なんの考慮もされませんよ!

    そんなん オマエに言われなくても わかってるわ!

ですか? へー わかってるんですか? なのに 勉強しないのですか?

           オマエに オレ(またはわたし)の気持ちがわかってたまるか~~

ですか? ではお尋ねしますが
    あなたの周りにいる大人(両親や親身になってくれる先生など)の気持ちは わかってますか?

どうですか?

                    そんなもん 知るか~

ですか? そうですか・・・ ならしょうがないかも・・・です。

わたしは ただのお節介人間です。
上位層の方は いいのです。 わたしの意見なんて 「あっそ」 でいいのです。
しかし
わたしが 本当に変わって欲しいと願っているのは 中位層以下~下位層の方々なのです。
                   
                    わたし如きが 何をどう言ったって 変わらない。
そんなことはわかっているつもりです。
でも
もしかしたら・・・ 万が一・・・     こう思ってしまいます。
あとわずか半年・・・されど半年・・・
半年でもがんばって・・・  そして  来春 朗報が聞けることを 期待しちゃいます。
(こんなPCの画面上で願ってるだけなら あまり迷惑にはならないでしょ)

以上です。

乱文・長文・挑発的な文 誠に申し訳ありませんでした。

   みなさま 一人一人にとって 有意義な The 期末テスト! であることを 心から願う 塾マニアでした~
  1. 2013/06/25(火) 02:30:00|
  2. 注意の箱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

問題ありませんか?

                     こんな方々へ

 みなさん、こんにちは。
台風4号(名称LEEPI)接近でドキドキの塾マニアです。
本日の内容ですが・・・
 心当たりありませんか? をテーマに掲載してまいります。
ん? どういうこと? ですよね。
最近メールで頻繁に頂く内容に関しまして わたしの個人的意見を書いてみますね
ってことです。

では

以下に心当たりありませんか?

1. 塾に通っているのに 成績が上がらない。
2. 塾に通っているのに ただ通っているだけ・・・になっている。
3. ヤル気がまったく・・・ない。

どうでしょうか?
本日の内容は・・・問題のある状況になっている方々に関するお話です。
(デキのいい~~~方々は 完全にスルーでお願い致します)

まずは 1・2 の方々です。・・・と言いつつ 全ての方へ・・・です。(全部読んで頂ければわかるハズです)

世の中には 様々な投稿サイトがありますね~
そういったものを見ていると
「ウチの子~~~~~~~こんなことになってます~~~~なにか良い方法はないでしょうか?」
といった投稿って 頻繁に見ませんか?
そしてそういった投稿に対して 必ずと言っていいくらい
「結局 最後は本人です! 他人(学校とか親とか塾とか)任せでは いけません!」
という意見を言われる方って 必ずと言っていいくらいにいますよね。 
確かに
勉強とか受験とかって 本人の努力って 1番大切なことだと思います。(ココは否定しませんからね!)
でも・・・
お子さま全員が 努力を怠らないのであれば・・・(それはなかなかあり得ないですよね)
予習・復習も毎日欠かさず 部活動もがんばり 学校行事には積極的に参加し
友達付き合いもできて 両親にも何でも話し ・・・ 完璧ですね!
何度も言いますが 本日のお話は そんな素晴らしいお子さまのお話ではありません。
例えば
小6(私立ですかね)または中3(公立ですかね)までは まぁまぁ優秀でした。
しかし中学(または高校)入学後から
部活または交友関係に精を出し 成績が落ち始める。
親から 「本当に大丈夫なの?」 と言われ 
最初は 「大丈夫だよ! 次回は見てて!(ちょい笑顔) 」
             ↓
次に   「わかってるから!(ちょい怒)」
             ↓
その後  「うるせーなー!(かなり怒)」
             ↓
ついに  「知らん(完全黙秘・・・かな)」

なんて 状態の方・・・
上記の例は まだかわいい方かもしれませんね。
(もっと凄まじいお話を メールでいただくこともあります)

こういった状況の方々に
                  結局 最後は本人です!
         甘えるのもいい加減にしろ! と言ってやってください!
         いずれ社会に出れば 後悔するから放っておきなさい!
または 質問者である保護者様に
       あなたがそうやって甘やかすから 本人がダメになるんでしょ!
          親であるあなたが世間を知らなすぎるのでは?
なんか 嫌~~な気分になってきたので 引用はこれぐらいで・・・

これ
ネット上では 結構有名な しかも意外と評判が良い な~んて言われているサイトから
たった今(ちなみに本日の書き込み分です) 引用してみました。
う~~~ん
これって 質問者様側から見て お! と思えるご意見なんですかね?
言ってしまえば
そんなことは わかっていることなのではないですかね?

で・・・オマエは何が言いたいの?・・・ですか?
 
え~~~っとですね~
ヤル気って~~~ 確かに本人次第ですが~~ 親にも責任あるのかもしれませんが~~
それでも ヤル気にならない人って~~ に対して 
上記の(赤い引用) 回答で 終了~~~~~なんですか?????
わたし個人の意見を言わせてもらえば
自分で自己管理できない人とか ヤル気になれない人とか サボってしまう人のほうが 多いと思うんですけど
                       どうですか?

       塾マニア オマエ アホか? デキる人間の方が多いに決まってるだろ!

               マジっすか?    それは失礼しました。

では  前置きが長くなりましたが
自分でできないマイノリティーの方~~~(これでいいですかね?)
その中で とかに当てはまる人~~~
その塾・・・大丈夫ですか?
というより もともとヤル気も出させてくれる塾なのですか?
つまり
自分でヤル気になれない 親から言われてもヤル気になれない そんな方々って
塾にそういった要因を求めていないのですかね?
ヤル気も出させてくれて 成績もメキメキ(徐々にですよ)上げてくれる
成績上がった後は ヤル気が持続するようにしてくれる
そんな塾を 求めてないのですかね?
であるなら
もっとご自身に 「合う塾」 を徹底的に探すべきだと思いますよ!
面接で いろんなことを質問して 質問し難ければ そんな時は 保護者様にお願いしましょうよ~
ご両親は お子さまのためなら 本当に一生懸命 「合う塾」探し のお手伝いをしてくれるハズです!・・・ハズ!・・・
ですよね?
以前 同じ投稿サイトで 見たご意見に(以下引用 無断で載せるとマズいですかね)

「結局 塾なんてものは 最初だけちょっと成績が上がって その後は 結局本人次第
 成績が下がった時は 原因を本人に探して 保護者が来れば それを晒し 結局本人の努力不足を
 指摘しておしまいだよ。
 自分も同じような体験をしたけど その時通ってた塾の塾長に 黙ってやれ! って言われただけ
 要は子どもに もともとヤル気がなければ 塾なんて行っても意味ないよ デキないやつは何やっても
 ダメってことだね」

「・・・マジか・・・」
「この人・・・可哀想にな~」 これがわたしの感想でした。

の人~~~
ヤル気ないかもしれませんが このままで良い と思ってますか?
大学とか就職とか 未来を考えるのも 面倒くさいですか?
成績落ちて ギリギリで進級を繰り返し 適当な大学へ行きますか?
あるいは
成績落ちて ギリギリで進級を繰り返し 変なプライドだけは捨てきれず
「◯◯大学を狙ってるからさ」 とか 「ホラ オレ医学科志望じゃん」 なんて浪人の免罪符的な意見
何浪もして それでも平気で遊びまくりますか?(以前のわたしの記事読んでくださいね)
あるいは
成績落ちて 進級できなくて 留年して・・・(コレ・・・東◯高校では結構あるお話ですよ・・・他の高校でもね)
だいたいの方は 留年すると・・・学校辞めますよ・・・いいんですか?
それでも構わないのであれば
コレ以上の言葉が見つかりませんが
そりゃ ヤバいよな~ って気持ちがあるのなら
ご両親に手伝ってもらってもいいから
まずは ヤル気が出る塾 探しませんか?
そして 成績が上がる塾 探しませんか?

「そんな両方を兼ね備えている塾なんてあるかよ!」

探してくださいよ~ 絶対あるハズですから!

本日のお話 おわかりいただけたでしょうか?
成績が上がらない 塾へ行ってるだけ ヤル気が出ない
それ以外の心当たりも含めまして
様々なご意見があるのは わかります。(否定するつもりは全くございません)
それを 本人次第 と言ってしまうのは簡単です。
しかし
なかなか 本人では なんともならない方もいるんです。
そんな方々に 結局 本人次第 と言っても それでは回答にならない方々もいるのです。
ですから
わたしからは そんなニーズを満たしてくれる塾をお探しになられてはいかがですか?
こんな意見も 回答の1つとしてお考えいただいてもいいのでは?
ということです。
(メールを頂いた多数のみなさま こんな回答はいかがでしょうか?)

だって・・・ わたしは・・・ 塾マニア ですから~

以上です。

乱文・長文・まとまりのない文 誠に申し訳ありませんでした。

                                 みなさんも 様々なサイトをご覧になられてるかと思いますが
                                 結構ヒドいサイト多いですよね~ 
                                             って ちょっと悲しくなる塾マニアでした~

                                  あ!このブログも・・・気をつけたいです・・・
                                  え?もうすでに 結構ヒドいですか?
                                  (グスン) 以降精進致します。
 
  1. 2013/06/20(木) 23:10:58|
  2. 注意の箱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

夏休みに向けて・・・

                    夏休みに向けて

 みなさん、こんにちは。
ちょっと夏バテ気味の塾マニアです。

え~っと 大変嬉しくもあるのですが 残念でもあるお知らせからです。
先週から お渡ししておりました 国語のツボ ですが
先週木曜日までで 当初作成した 150部 すべて・・・なくなりました。
そのため
金曜日(6/14)以降にお申し込み頂いたみなさまには大変申し訳ありませんが・・・なくなってしまいました・・・
ごめんなさい。
最初は100部のつもりで 作ったのですが(作ってもらった って言ったほうが正確ですが)
ご要望のメールが 120通を超えてしまい(先週の記事参照してください)
「国語がまったくダメな方だけに~~」とお願いしたのですが
それでも120通以上のメールをいただき それなら 150部のみお渡ししよう・・・ということになったのです。 が・・・
すぐに150通になってしまい・・・在庫なくなっちゃいました。
もちろん
メールの内容なども 考慮させていただき 「本当にお困りなのだろう」 と判断した方にのみ郵送しました。
「ちょっと興味本位で見たいわ」 「タダならもらっとこ」 といった方々もいらっしゃったかもしれませんが
そのあたりの判断は わたし個人がさせていただきましたので 予めご了承ください。
また
6/14以降にメールをいただいたみなさま
現在 第2便のお願いをしている最中なので もうしばらくお待ちください。
(もちろんメールの内容次第で送るか送らないかは考慮しますけどね)

さ~それでは 本日の記事にまいります。

                       夏休みに向けて
これが本日のテーマです。

では

 浪人生
間もなく 前期といいますか基◯シリーズといいますか 終了しますよね。
今のうちから 夏休み(主に7月~9月初めまで)の予定をお考えくださいね。
特に 苦手科目を重点的に (理系なら 数・理・英 文系なら 数・英・国 ですね) がんばってくださいね。
9月以降は 理系は社会・国語  文系は理科・社会 の比重が大きくなってきますから
この2ヶ月ちょっとが 苦手分野の克服には ものすごく重要ですよ!
あ! 国公立のお話ですよ!

 高3生
間もなく 1学期の期末テストですね。 まだまだ理科・社会などは 全範囲終わってない科目があると思います。
数学や英語は 範囲はあれど かなり入試問題に近い問題が出題されると思います。
実は
この時期の勉強って デキる人は問題ないのでしょうけど デキない人にとっては
ものすごく大変な時期ですよね。
例えば数学
だいたいの高校は 数学が2教科あって 理系なら 片方は数ⅢC 片方は数ⅠAⅡB こんな感じですよね。
ⅢCは まだ全て終わってない学校もありますよね・・・でもかなり厄介になってませんか?
しかもⅠAⅡBは スタンダードやクリアーの(問題集の名前ですね)受験編といった ちょっと難しい問題集からの
出題になってませんか?
そうなると・・・
基礎事項が抜けてるのに気づくし 受験編の難しい問題をやらないと点数につながらないし
数ⅢCは難解だし・・・
              どこから手を付ければ いいんだ~~~~~~~
次に英語・・・
次に化学・物理・または生物・・・
古文単語は? 漢文は? 社会だって・・・
こんな感じになっていませんか?
放っておくと・・・       とんでもないことになっちゃいますよ!     煽る気はないんですけどね・・・
ですから
今からでもいいですから 夏休みの最終日までの(8/31ですかね)計画を キッチリと作ってくださいね。
まさか・・・夏期講習に何講座か行っとけば・・・なんとかなるでしょ!・・・なんて思ってませんよね?
間違いなく・・・まったく志望しない大学か・・・浪人・・・確定っすよ・・・

浪人生・高3生のみなさまへ

どこの塾・予備校も           夏を制するものは 受験を制する!
なんて ありきたりな文句を謳ってますが・・・
間違いではないですけど・・・
なんか・・・ちょっと違う感じです。
っていうか~                 夏をサボれば 受験は終わる!
このほうが信憑性ありますね!
ただし・・・
デキの良い人は別ですよ!・・・判断ですか?・・・第一回のマーク模試はどうでした? 記述模試はどうでした?
すぐにお分かりになるはずです。

 高1・2生
同じく 間もなく期末テストですね。 
6カ年で進学された方~
結構 差ができてませんか? 上位は問題ありません。
問題なのは 中位から下位の方々ですよ~
ココが立て直し時期ですよ~ このまま行ってしまうと・・・来年・・・ 困りますよ
高校入試を経て進学された方~
高1だと まだそれほど差がないですかね?(もう危険な方もいるかも・・・ですが)
問題は
高2ですよね・・・
数学だと 三角関数・指数対数・微積ですかね もう1つはベクトル・数列 あたりですか?
(どこかには範囲があるはずです え?まだ?・・・ちょっと進度遅い気がしますよ・・・)
この数ⅡB・・・かなり・・・      簡単なとこですよ!
しかし!
ベクトル・数列って 最初は問題ないのですが・・・後半・・・平均点がメ~~~~ッチャ下がりますよ!
ってことは 夏休み前後が 挽回するチャンス!・・・かも・・・
他の科目も まだ今なら~~~~~ですよ!
夏休み 毎日勉強してください! とは言いませんが 勉強した方が・・・後々・・・
わかってはいるんですけどね~

 中学生
やはり もうすぐ期末テストですね!
そろそろ勉強始めてますか? まだ始めてませんかね?
中間テストはどうでした?
計算ミスとかしなかったですか?
単語の綴りはちゃんと書けましたか?(特に中1生のみなさん!)
中1生は まだまだ2回目のテストですもんね! (実力テストがありましたかね?)
中間テストでのミスを繰り返さないように がんばってくださいね!
中2生・中3生のみなさんは
ちょっとサボることに慣れてしまった方々がいるハズです!
放っておくと・・・そのままズルズルいきますよ!

夏休み・・・う~~~ん 遊ぶのもいいですが せめて一学期につまずいたところは 早めに修正しておきましょうね!
余力があれば 2学期の予習もしておいても・・・ する人 と しない人 が 今後の・・・なのに・・・
(言いたいことは おわかりですよね~)

ただし・・・高校入試を控えている中3生のみなさまは
大手の夏期講習行かれるんでしょうね~・・・言いたいことは多々あれど・・・もう申し込んでしまいましたもんね。
がんばってくださいね!

*2期制の学校は 先週・今週ぐらいがテストですかね? 上記は3期生の方々のお話でした。

さ~みなさん いかがでしたでしょうか?
みなさまが それぞれの計画で 夏休み前後を うまく乗り切られることを 願います。
夏休み・・・がんばれるといいのですが・・・

以上です。

乱文・長文 誠に申し訳ありませんでした。

あと・・・
前回も言いましたが・・・
「ハンコをポチ」ですが(わかる方だけで結構です)・・・
ホントに 満員 ですから~~            お電話をした方もいらっしゃるようですが
多分 断られます っていうか絶対断られると思いますので ご了承ください。
学習相談や進路相談なら・・・受けてくれるかも・・・かも・・・かもです。
もう1つ
メールで  わたしに家庭教師を~~ なんて方々もいらっしゃいますが・・・
                        無理っす

「なに調子にのってるんだ!アホか!」 「オマエ それが目的なんじゃないのか!」

ハーーーーー(タメ息)
3ヶ月近くブログで 頻繁に書いてきましたし 冊子もお配りしましたが
まだ
信じてもらえない・・・・・ですかね?
できれば
信じて頂ける方々だけが ご理解いただければ・・・幸いです。

本日も長々と 申し訳ありませんでした。

                                              (本日はアッサリの)塾マニアでした~
                                 別に痛いメールで落ち込んでるわけではありません(グスン)
  1. 2013/06/18(火) 00:04:32|
  2. 注意の箱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ツボ』の後で・・・

                      国語のツボ その後のご注意

 みなさん、こんにちは。
昨日・今日の暑さで・・・グッタリの塾マニアです。
本日は 先日 お送りした『ツボ』に関するお話の最終回です。

では

『ツボ』を お渡ししていない方々には 「何のこっちゃ?」 ですね ごめんなさい。
(本日の記事は全く意味不明かと思いますので スルーしてくださいね)

まずは
ハンコをポチに関しまして
あれは わたしがハンコをお借りしまして ポチっとさせていただきました。
そうでもしないと 申し訳なかったのです。(だってアレ100部以上お送りしたのですよ・・・)
しかし
ポチッとすることで
様々な憶測をされるといけないので お断りしておきますが
今回の 冊子をお渡しした後 あそこに人が殺到することはあり得ません。
なぜなら・・・すでに・・・  満員  だからです。
(そこは わたしでも 考えます)
だからこそ あそこを 直接の受け渡し場所としても 利用させていただいたのです。
直接 お受け取りに行かれた方も いらっしゃるかと思いますが
お渡し以外 なにもなかったかと思います。
それでも なにか不審な点や ご質問などがございましたら メールをください。
できる範囲でお応え致します。

次に
冊子の内容に関しまして
まずは実践してみてくださいね。
その上で なにかご不明な点やご質問などがありましたら
(これも) メールをいただけたら幸いです。
何度も言いますが
これは あくまでも初級編です。 つまり国語をどこから手をつけたらいいかわからない人のためのものです。
「あれはどうすれば?」 「これはどうすんだ?」 ってなるかもしれません。
(冊子の中にも書きましたね)
そこが キッカケ です。
ですから
まずは 今回の冊子の内容を踏まえて 国語の勉強を始めてみてください。
そうすれば きっと近いうちに
「あ!わかった~ 国語って簡単だ!」 って状態になるはずです。
いや 必ずなります! (・・・なってください! お願いします!

次に
無事届きましたメールに関しまして
みなさま 本当にわざわざ確認のメールまでいただき
そして
温かいお言葉まで お送りいただき 本当に 感謝です。
本日 早速メールを多数いただきました。(コメントも)
しかし
その一通一通に多大な感謝をしておりますが 返信をお返しできない不義理をお許し下さい。
しかし
重要なのは この後です。
お子さまの国語が ちょっとでも変わってくれたら・・・
そのときに 覚えていらっしゃったら またお知らせください。
ちなみに
「無事届きましたメール」・・・スルーしていただいても 全く構いませんからね。

あと・・・
余談なのですが
今回の冊子に関しましての 今のところの みなさまの反応ですが・・・(ちょっと気になりますよね)
「もっとペラペラのものかと思ってました」
「どこかの悪徳塾が配るような 勧誘ばかりの内容かと思いました」

(「ウチの塾に来れば!そんなお悩みは一発で~~」みたいな感じですかね)
「え! ココまでタダで教えてくれるの?」
「これって他の教科も同じってことですね!なるほど~」
「他のツボも教えて欲しいです~」
「子どもと一緒に 夕方から実践していますが 今まで何をしていたんだろう?」

などなど
(なんかTVショッピングの感想みたいですね・・・でもホントに そのままの抜粋です)
本日いただいた感想は 以上のような内容でした!(みなさま お気を遣ってくれたんですね わかります ウンウン)
こんなに 褒めていただくと
ちょっと調子に乗ってしまいそうになります。(あ! 現実は理解しているつもりですから ご心配なく・・・グスン)

今回の「ツボ」を作成する中でのお話なのですが
書店にある参考書のほとんど 塾、学校でしか販売されない参考書 など
ほとんど全てを読ませていただきました。
また
インターネット上などで 閲覧できる国語に関するサイトも かなり見ました。 
(「おー おー 恩着せ話か~~」 ですか?・・・恩に着てくれますか? であるなら 勉強 してくださいね)
わたし個人の率直な意見ですが (あくまでわたし程度の小物の・・・です 大したことないからいいですよね)
                   
                    で 何から始めればいいの?
          もしかして・・・コレ・・・国語で困ったことのない人達が書いてるよな
                  これで国語って学力上がるのか?
        あ!だから (今でしょ)先生は 国語講師なら No1 になれるって言ったのか~
          あれ? でも~ (今でしょ)先生のDVDも書籍も・・・あんま変わらんぞ
           (コレは あくまでも 卑小なわたし程度の小物の 個人的意見ですからね)

こんな感じの感想しか出て来ませんでした。(他にもいっぱい思いましたが)

             オマエ 「自分が作ったのが 最高だろ!」 とでも言いたいんだろ! 
・・・
え~っと わたしが作ったの・・・初級編ですが・・・なにか?(冗談ですよ)

別に自分が作ったものが 他人様の作ったものと比べて どうだ とか こうだ とか言うつもりはありませんが
わたし自身が 中高生の頃 国語で困り そこから脱出し 最後は得点源になるまでになった経験を
お話しただけです。 しかも無料で (わたし ココに拘るでしょ?)・・・
なのに
     世の中の 参考書 塾 DVD ・・・こんな中身なのに なんでこんなにお金かかるんですか?

                     これが言いたかっただけです!

「商売っていうのは~」 ですか?
「社会っていうのは~」 ですか?
「経済っていうのは~」 ですか?

イヤイヤ そんなことは わかってるつもりです! (少しだけですが)
でも・・・ちょっと・・・ひどすぎませんか?
やっぱり それでも 「世の中って そういうものなの! しょうがないでしょ!」 って言ってしまいますか?

だったら
わたし・・・ちょっと反逆しちゃいます・・・っていうか・・・しちゃいました。
わたしの中では 今回の冊子程度の中身なら 無料 です!(と言っても 一生懸命作りました)
だから
これをヒントに 無駄なお金なんか使わずに 絶対 国語 がんばっちゃいましょう!

お願いですから がんばっちゃってくださいね!
(恩着せがましいですか?・・・そのつもりです! ウザい期待感ですか?・・・そのつもりです!

本日は以上です。

これにて 国語のツボ」 初級編 ひとまず終了で~す。


乱文・長文・お気を悪くさせてしまうかもしれない内容  誠に申し訳ありませんでした。

                         みなさんの成績が上がるなら 
                         恩着せがましいと言われようが 頼んでもいない期待だぞと言われようが
                                          それでも 絶対応援したい 塾マニアでした~

                                                            (長過ぎ・・・汗)
  1. 2013/06/14(金) 00:01:15|
  2. ツボの箱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

『国語のツボ』

                  お知らせ・・・そして・・・】

 みなさん こんにちは。
ようやく郵送準備ができた 塾マニアです。

では

国語のツボ に関しまして
嬉しいことに・・・
北は 金沢  西は奈良  東は静岡・・・っと(南は県内ですね)
様々な地域のみなさまから ご要望をいただき (よくこのブログに行き着きましたね・・・)
痛いのも何件かありましたが(痛すぎて お話する気にもなれません)
みなさまから 本当に心温まるメールやコメントをいただきました。

            誠にありがとうございました。

一通一通のメールに対して 返信していない不義理をお許し下さい。
また
今回の ツボ に関する以外のご質問を頂いたみなさまには
後日 返信をするつもりですので しばしお待ちください。
国語以外の科目に関するご質問も 多数ありました。
このブログで 特集できそうなものは なるべく早めに掲載したいと思います。
さらに
英語のツボ 数学のツボ へのご要望も多数頂きました。
これも 冊子にできるようであれば がんばりたいと思っております。
                   しかし
今回お送りする 国語のツボ が みなさまのお役に立てなければ
他教科のツボ も信用性が全くなくなるわけでして
作っても まったく意味がなくなりますので
まずは 今回の 「ツボ」 をご覧になった方々の ご意見やご批判を お待ちします。

前回までに何度も言いましたが
今回の冊子は
本当に国語が危険な状態になっていらっしゃる方用に 作成したものです。
勉強って
デキるお子さま または デキる方々は どんな勉強方法でも 肯定されます。
現に 書店などに行くと 「東大生が教える〇〇」 とか
「東大出の〇〇先生が教える△△」 な~んて本が いっぱいです。
英語や数学は 「基礎からわかる◯◯」 とか 「偏差値◯◯台からの△△」 なんて本もいっぱいですよね。
それで合格できる方は 問題ないですよね。
しかし
すっごい基礎的なところから 教えてくれる参考書・問題集をやってもダメな方って・・・けっこうたくさんいませんか?
もしかしたら
それでもダメな方って・・・勉強する気がもともとないのかも・・・
               親がうるさいから やってるフリだけしてるのかも・・・
               みんなが持ってるから買っちゃった とか みんなが行ってるから 行ってるだけ・・・              かも・・・
できない原因は他にあるかもしれません。
そうなると
今回の冊子も それまで購入された参考書と 同じになるかも・・・(残念な色にしてみました・・・)

そんな風にも 考えました。
しかし
そこは メゲないお節介人間 塾マニア!
「それでもイイじゃん! そうなっても 絶対やってくれると期待したってイイじゃん!
 今回 送らせていただいた方の たった一人でも がんばってくれたら・・・と願ったってイイじゃん!
と半ば開き直って 書かせていただきました。
内容が あまりうまくお伝えできてないところも 多々あるかもしれません。
すでにご存知の内容ばかりで 「そこが出来れば苦労しないわ」 って思われるかもしれません。
「あ~あ~ コレ こいつの一人よがりだわ・・・」 となってしまうかもしれません。

それでも
それでも お一人でも これをご覧になって 国語に興味を持ち 今の状況から抜け出すぞ!
って思っていただけたら・・・本当に幸いです。
万人に通ずる方法だとは 思っていません。
でも なるべく多くの方が 真面目に 本当に真面目に 読んでいただけたら
何か伝わるのでは・・・
そんなふうに考えながら 作成させていただきました。(ちょっと大袈裟ですかね)

もし(ホントにもし!ですが) お役に立てれたなら

                 絶対に 国語 得意科目になってくださいね!

そんな (わたしの)勝手な願いを込めています。(ホント勝手で スイマセン でも・・・見返りを求めないなら・・・)

残念なものにしかならなっかたら・・・ホントすいません 全部わたしの不徳の致すところです。
(先に 謝っておきますね)

以上です。

乱文・長文 誠に申し訳ありませんでした。

            あ! 明日には発送しますね~っと 大切なお知らせを言い忘れそうになった 塾マニアでした~
ちなみに
本日までに メールを頂いた方へ
今週から来週までには 必ず届くと思いますが
万が一 届かない場合は メールにて ご連絡くださいね。



おっとっと
もう1つ 今回の冊子の作成・校正・送付などに ご尽力いただいた すべての方へ
厚く厚く御礼申し上げます。
              誠に ありがとうございました。
(また評判良かったら よろしく・・・です  どんだけ図々しいねん・・・ですね・・・)


  1. 2013/06/12(水) 00:13:32|
  2. ツボの箱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

緊急ですいません。

            先日 コメントをいただいた方へ

 先ほど 帰って参りまして 慌ててしまった 塾マニアです。

では

先日 直コメントをいただいた方へ
先ほど 慌ててコメントを削除させていただきました。
この2日間 PC触れなかったので 放置状態になってしまって すいませんでした。
このブログを ご覧になってる方々は 良識ある方々だと思いますので
個人情報が悪用されることは ないとおもいますが
何か問題などが発生しましたら 至急ご連絡くださいますよう 宜しくお願い致します。
あと・・・
わたし・・・慌てて削除しちゃいましたので 郵送先を控えるのを忘れてしまいました・・・ごめんなさい
もしよろしければ 再度メールでご連絡いただけたら幸いです。
何卒宜しくお願い致します。

(いつも応援頂いてる ミ◯◯様 緊急お知らせメール・・・本当にありがとうございました。)

次に
郵送をご希望された みなさまへ
「郵送代金・コピー代金を お支払いしますので・・・」
といった 大変ありがたい内容のメールを多数いただきましたが
冊子にかかった費用は 一切いただきません
理由に関しましては
冊子の中に書いておきましたので それをお読みください。
あ! 変な勧誘案内とか入ってませんから~~(アホな塾のようなマネは一切いたしません!
何卒ご理解のほど 宜しくお願い致します。
(わたしも・・・一銭も払ってませんし・・・汗汗)

ちなみに
今後も 同じような冊子を作るかもしれませんが・・・
その時も 費用をご請求するようなことは 一切ありません
何度も言いますが
営利目的でやろうと思っているわけではないのです。
勧誘目的でやろうと思っているわけではないのです。
ホントにただのお節介なだけです。
あとは・・・
いかに世の中のアホな塾が 簡単なことに気づいていないのか?
いかに こんな簡単なことに 不当な料金を請求しているのか?
(今日のわたしは・・・結構アグレッシブですかね? 痛~いのもたくさん来てましたから・・・ですかね)
ただただ
みなさまのお役に立てれば 幸いだと思っているだけです。
変な塾に 無駄なお金を支払っている方々に 気がついていただきたいだけなのです。
もちろん
今回の 「ツボ」 は初級編です。
内容もかなり簡単なものです。 中級編・上級編ともなれば
冊子だけでご説明するのは 難しいかもしれません。
しかし
今回の初級編をキッカケに 勉強ってどうやってやればいいのか?
                 塾って 本当は どんな時に必要なのか?
                 世の中の塾の大半が いかにいい加減なのか?
                 意外とご自身やご家族の努力で 克服できることがあるのではないか?
といったことを じっくりとお考えいただけたら・・・
と思います。

そして わたし自身は
もしかしたら こんな卑小で愚かなわたしのようなものでも
みなさまのお役に立てるのではないか?
もし お役に立てたら うれしいな~ と思っております。

以上です。

乱文・長文 誠に申し訳ありませんでした。
                    ちょっと焦って 何を書いているのか わからなくなりかかってる 塾マニアでした~

ちなみに
冊子は 早ければ今週中には発送できると思いますので
しばし お待ちを~~
あ! 絶対お送りいたしますからね~~~
  1. 2013/06/10(月) 03:48:53|
  2. ツボの箱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『国語のツボ!』

                      国語のツボ!          其の参

 ウ・ウ・ウ・・・

また変な始まり方しやっがって(怒) なんやねん!

泣いてるのです。 嬉しくて泣いている 塾マニアです。

みなさん・・・
ほんと~~~~~~うに ありがとうございます
まさか こんなにたくさんの方々から メールやシークレットコメントが頂けるなんて・・・
塾マニア 感無量でございます。
本日は それに関するお話をさせていただきます。

では

わたし 自分がすごくお節介な人間だと思っています。
このブログで 言うのは初めてなのですが
ある地域コミュニティーサイトを見つけたのを キッカケに
塾選びの相談を受けるスレッドを立てたのです。
はじめは ホントにお節介な気持ちで始めたのですが
意外にも いろいろな方々からご相談を受け ちょっと気を良くしたのもありますが
メモ書き程度に ブログを始める などという暴挙に出ました。
すると
そのサイトをご覧になっていたみなさまにも ブログのことが広まったのか
(ある方から 「ブログやってますよね?」 ってスレ内で尋ねられたので 「はい」 と答えてしまいました。
 今思うと 軽はずみな言動だったかな~と ちょっと反省するときもあります)
様々な方から コメントやメールを頂くようになりました。
最初は
誹謗・中傷の類が多く、明らかに(塾)関係者だな~と思われるものが多かったのです。
もちろん 未だに その類のメールやコメントも少なくはないのですが
真剣に勉強に対して お悩みになっている方も多く
わたしのような者でも良ければ・・・ と自分を奮い立たせ(そんなカッコイイものではないですね)
余計なお節介だろ! と言われようが テメーの言ってるのは建て前だろ! 
テメーの言うように仕事してたら儲からんのだわ! な~んて 言われても
以前に書いたと思いますが 現実世界でわたしの成りすましをされても (あれはホントにひどかったです)
真剣に閲覧されてる方がいるんだから
(ウソでも)楽しみにしてますよ!と言ってくれる方もいるんだから
よ~~し がんばろ~~~
って思うようになりました。
そして
よせばいいのに・・・
みなさまからのご相談で 最も多かった 国語 の勉強法にまで 着手・・・
冊子にはしてみたものの
「こんなん みなさん既に知ってるかも~」 「お渡ししたところで実践してくれるかな~」
「バカにされて終わるかな」 「関係者が読んだら・・・どうせ また 誹謗・中傷の嵐かな」
「でも そんなに希望者いないでしょ」 「誰からもメールが来なかったら・・・ちょっと悲しいかな」
と思っていたのです。
そしたら
先ほど帰宅しまして・・・マジか! メール・コメント・・・120通超えてる・・・

あの~~~みなさま・・・
え~~~っと ありがたいのですが・・・
コレ 軽い気持ちで読んでいただくものではなくて・・・ですね。
本当に 国語がお困りの方が読むためのものなのです。
「私もついでにもらっておこう~」 「タダなら欲しい~」 「いずれ困るといけないから」 といったものではなく
本気で 今から国語をなんとかしないと 取り返しがつかないのでは・・・
って方に 読んでいただけたら幸いです。

っと前置きはこれぐらいにして
冊子をご希望の方へ
お渡しする方法に関しまして
まずは
郵送をご希望のみなさま
このブログ左の欄 「連絡の箱」をクリックしてください。
スクロールしていただくと メールアドレスがあります。
メールにて 郵便番号・ご住所・お名前を ご記入ください。
普通郵便で送らさせていただきます。
名古屋市外の方は オススメです。 
っていうか すでにメールにて住所などを記載して頂いた方も多数いらっしゃいましたので
その方たちには 来週にはお届けできると思います。(遅れたらごめんなさい でも確実に送ります!)
もちろん
送料はこちらが負担させていただきます。

そんな個人情報を オマエみたいな得体のしれないヤツに教えられるか!
っという方は (こうでもしないと お渡ししたくない方の手に渡ってしまうのです ご了承ください)
直接お渡し致します。
と言いましても わたしは直接はお渡し致しません。
メールにて 「直接頂きたい」 という旨を送ってください。
少々手間のかかる方法を使わせていただきますが 必ずお手元に届きます。 
(こうすることで 業者さまにお渡しすることが 防げる方法ですので ご了承ください)

ちなみに
メールにて ファイルを送ったりは致しませんので ご了承ください。
(別にいいじゃん、ケチ!・・・え~~~っと無料でお渡しするんですけど・・・ケチですか?)

もう1つ
塾関係者さまへ
今回の冊子の内容は すでにご存知のことしか 掲載していません。
ですから お渡ししても無駄になるだけですし 関係者さまにとっては 使えない内容です。
ですが
それでも 冊子をご希望とあらば お送りしますので 正直に仰ってください。
塾の素性がわかったとしても それを表に出すこともしませんし
むしろ 企業努力されてるな~ と感じるだけですので
どうか 悪質な方法で入手しようとは お考えになりませんよう 宜しくお願い致します。

みなさま
郵送する中身には 変な勧誘の紙面や 営利目的なものは一切入っておりません。
後から 料金を請求したり 変なDMが届くこともありません。
みなさまの個人情報は 発送後削除させて頂きますので ご安心ください。
(こんなこと言ってるヤツが一番怪しいんだよね~・・・ ですかね?
 わたしもメールでの誹謗・中傷で同じようなことを思うようになりました。
 タイトルはまともだったんですけど 開けてみたら・・・ヒドかったです)

また
直接お渡しすることを ご希望のみなさまにも 変な勧誘や 金銭目的のような怪しい行為は一切いたしません。
全面的に信頼できる知り合いから 手渡しして頂くだけです。
(あ! 一部のみなさまには もうわかってしまいましたかね・・・ そうです あの人ですよ・・・
 わたしの知ってる方の中でも 最も恐ろしい・・・あの人です・・・)

なんだ~~ 結構面倒そうだな~~ というみなさん。
そうです そうです 面倒ですから ご遠慮ください。
面倒でも 困ってるからしょうがないよな~  って方々に読んで頂けたら・・・と願っているのです。
それぐらい国語に困ってる方だけでいいのです。
もし
この先 国語でお困りになった時に ご希望いただければ・・・その時でいいのです。

そういったことを ご考慮いただいて  それでも ご希望とあらば お手数ではありますが
再度メールを お送りください。
あ! そんなに面倒なら 要りません って言う方は 再メール要りませんからね!
 
本日のメールで 住所などをご記載いただいた方は 再メールは要りません!

あとは すべて冊子に書いておきましたので 熟読してくださいね。

以上です。

乱文・長文・お気を悪くさせたかもしれない内容  誠に申し訳ありませんでした。

ウワっ 本日の内容・・・中身がないですね・・・ごめんなさい。

                     本気で みなさまの国語の勉強が変わってくれたら・・・と願う 塾マニアでした~

みなさま 素敵な週末を~

おっと わたし週末はPC触れないので 返信などは来週になりますので ご了承ください。 すいません。
 
  1. 2013/06/08(土) 00:02:56|
  2. ツボの箱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『国語のツボ!』

                        国語のツボ         其の弐

 みなさん、こんにちは。
前回は中途半端な終わり方をしてしまい反省しきりの 塾マニアです。

本日も 前回のつづきで 国語 に関しての内容です。
ちなみに・・・

みなさん    みなさん    みなさん    みなさん     (うるさいですね)

実は 実は 実は     (怒られちゃいますね)
わたくし 塾マニア  なんと なんと なんと

        国語       の           冊子作っちゃいました。

も~~~~かなり大変で・・・そうでもありませんでした。
本日は そのお話もあります   (予想通りですが) それは後ほど・・・
前回のつづきのお話からまいりますね。

では

前回
              国語にも ちゃんとした方法論があるのです。
に関してのお話の途中で終わりましたね。
くどいようですが
ここからのお話は 国語が苦手 または 苦手になってしまった方用のお話ですから
国語がデキる方は ご遠慮くださいね。(意外と応用が効くお話にはしたいですけどね)

そもそも
勉強って いつからでも(限度はあるとは思いますが) ある程度はなんとかなっていくものだと思います。
もちろん
その方の置かれている環境や状況(社会性なんかもそうですよね)も大きな要因にはなると思いますが
人間の内側から溢れ出る向上心 とか 向学心があれば (素敵な言葉ですよね~)
ある程度は なんとかなると確信しております。
しかし
ある程度の努力(練習と言いましょうか訓練ですかね)と 自己管理能力(毎日の積み重ねなんかも要りますね)は
必要だとも思います。
国語というのは 母国語ではありますが 勉強という分野の中に組み込まれているわけですから
勉強的な側面での国語であるなら やはり いつからやっても その方法論さえ間違っていなければ
ある程度は なんとかなると考えます。
そうでなければ(幼少期で決まってしまう とか 才能がないとダメ とか)
学校で履修する科目には成り得ないと思いますし
ましてや 受験科目にも 果たしてなるのでしょうか?

これは わたしが教えてもらった中で 「なるほど~」 と思ったことなのですが
例えば スポーツ って 誰でも才能を発揮できるものなのでしょうか?
野球でいきましょうか
野球を 高校生の段階で やっている方の数って 結構いますよね。
しかし 野球を 職業にされている方の数って どうですか?
もちろん プロ野球選手だけが 野球で食べてる方だとは思いません。
でも 純粋に野球のみで食べてる と言い切れるのは やはりプロ野球選手が 最たる例ですよね。
では
プロ野球選手って 努力だけでなれるのでしょうか? という質問はどうでしょうか?
もちろん
努力は絶対必要条件だと 思います。
でも・・・努力、頭の回転の良さ、あとは・・・肩の強さ、足の速さ・・・
こうしたものも ある程度は努力で(筋トレとか練習とかで)なんとかなると 思います。
それが 揃えば プロ野球選手になれるでしょうか?
わたし・・・思うんですが       身長って要りませんか?
全員ではありませんよ! 小さい人も中にはいますもんね!
でも・・・
大きい人のほうが 多いと思いませんか? っていうか 
小さい人って 必ずテレビなどで 「身長が低いのに・・・・・」 って言われてるのを 聞きませんか?
お相撲さんはどうですか?
・・・
なにが言いたいか?
全員ではありませんが 先天的要因が少し関係すると思いませんか? (コレが言いたかっただけです!)

                で、オマエ なにが言いたいんだ?

       勉強って 先天的要因が 少ない分野かな~~ ってことです。
もちろん
科学的な研究が進んで 親の形質が 子に遺伝する要素の中に 勉強因子みたいなのが発見されて
親が勉強できないと 子どもも勉強できない な~~~んて(アホな と思っていますが)結果が出た時は

                         ごめんなさい        しますけどね。

話を戻します。
国語が 学校での科目の一つであったり 受験科目の一つで あるなら
この科目だけが 特殊な科目であるはずがないのです。(幼少期~ 才能が~ なんておかしいですよね)
ってことは
正しい方法論で 勉強すれば 必ず成績は上がりますし 受験でも高得点が取れます!
なぜなら
人によりますが センター試験における得意科目って 何点ぐらいを期待してますか?
理系の方なら 数学は・・・やっぱ 90点以上は期待してませんか?(ちょっと高過ぎましたか?)
え~~っとセンター試験ですからね!
では 次の質問です。
数学得意な方~~~
センターで数学2つで(ⅠAとⅡBで)160点って どうやったら取れますか~~~?
これ!得意な方は 絶対方法論を知ってるはずです。
だったら~
国語はどうですか~~~~?
ようやく 本題ですね。
               国語の勉強における ちゃんとした方法論知ってますか?

これって 実際、学校で習ってますかね?
もしかしたら
習ってる方もいるのかもしれませんが わたしは・・・浪人時に初めて聞きました。
(中・高で教わったかもしれませんけどね やっぱアホだったんですね)

                      みなさんはどうですか?

方法論を習って それを実践し ちゃんと成績取れてる方は 問題ありませんからね!
自分で 方法をあみだし 成績取れてる方も いいですよ~!
幼少期からの 英才教育で 国語 スゴいことになってる方~
才能が溢れ どんな問題も 感覚で解けちゃう方~~~
そんな素晴らしい方々は 問題ありません。 (ちょっと嫌味臭いですか? すいません うらやましいだけですよ)

そうではなくて
何から手を付けたらいいか わからない方~~
小学校の時は解けたけど 中学からは さっぱり・・・な方~~
国語と聞いただけで 拒否反応を示してしまう方~~

そんな 国語嫌いな方へ (こういった人たちの母数って すごい多い気がするのは わたしだけですかね?)
わたくし塾マニア!
国語の勉強における 方法論 を作ってみました!
しかも
冊子にしちゃいました。(っていうか プリントしてパチっとしただけですが)
この冊子を 希望者のみなさまに 差し上げようと思います。 (要らないですかね  チッ 涙)
あ! もちろん 無料 ですよ! 当たり前じゃないですか!
もし もし ですよ (そんなにいないとは思いますが)
欲しい方がいらっしゃれば メールをいただけたら幸いです。
これ 現在担当している学生さん向けに作ったものでして (バイト先には内緒ですけどね)
あまり お役には立てないかもしれませんが
担当している方々からは なかなか良い反応いただいてます。(気を使ってくれてるんですよね・・・わかってます)

ま~ 国語が まったくダメ~~ って方は 1度お読みになっては いかがでしょうか?

本日は 以上です。

乱文・長文 誠に申し訳ありませんでした。

                             次回は・・・何書こうかな~っと いろいろ考える 塾マニアでした~
  1. 2013/06/07(金) 00:29:16|
  2. ツボの箱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

新シリーズ 『ツボ』

                        国語のツボ          其の壱

 みなさん、こんにちは。
朝・昼・晩の温度差に身体がついていかない塾マニアです。

本日から新シリーズ ツボ を掲載していきます。
ツボ・・・? なんやそれ? ですよね。
毎回テーマとなる科目の攻略法などを 教えていこう・・・なんて大それたことは考えておりません。(ごめんなさい。)
テーマになる科目に関して わたしなりに思うことを掲載していくだけです。
もちろん
途中で個人的意見になってしまったり、みなさまからご批判される内容になることもあるかもしれませんが
まっ そんへんは 「たかがひよっ子の戯言」 と一蹴していただければ幸いです。
たまに勉強方法などにも言及することがありますが
これも 万人向けのものでは 決してありませんので 予めご了承ください。
いろいろ 御託を並べても仕方ないので 始めてみますね。
ご参考になれば・・・うれしいのですが・・・(そんなときは 「拍手」 ください・・・)
ちなみに・・・
「ツボ」 という言葉は 師匠の塾からパクらさせて頂きました。(師匠・・・いつも・・・すんません)

では

まずは わたしの受験時の国語の成績ですが・・・
センター試験は 漢字をミスってしまいました・・・(だから誤字が多いんですね)
あとは全部できました。(模試でも浪人時の2回目のマーク模試からは漢字のミスだけだったと記憶してます)
二次試験も国語はかなり好きな科目になったのですが、配点が少なくて残念でした。
オマエの自慢話は要らんわ! ですか?
いえいえ 一応です。 だって全く国語できない人がお話しても信憑性0ですもんね。

ところで
みなさまは 「今でしょ!」先生の講義を お聞きしたことはありますか?
(東◯高から東大文Ⅰ・・・すごいですね)
先日
わたし全部拝見したのですが・・・
確かに おもしろい講義ではあると思いました。
しかし・・・
アレって 他の予備校の講義と 何が違うのでしょうかね?
とにかくテンポがいいです。 お話が滑らかと言いますか スムーズと言いますか(編集してるから当たり前ですね)
でも
よーく聞きましたが とにかく難解な言葉が多すぎな感じでした。
つまり
国語能力を 1から教えていくのではなく すでに国語能力のある学生用の 講義でした。
あの講義は 東大を受からせるためのものではなく 東大の問題に対する難解な解説で
東大・京大レベルの国語能力が あるのか ないのか を判断するための講義ですね。
でも
それも当たり前ですよね。 東大受験用の講義ですもんね。(他の予備校も似てる気がします)
「今でしょ」先生ご自身も 仰っていますが
「国語能力は3~5歳までで決まります」 だそうです。
つまり
その後からでは・・・どうなんでしょうね?

今では テレビをはじめ メディアに引っ張りダコの 大先生ですが
「おいおい本業大丈夫か?」 などと ツッコまれそうですが 東進の形式であれば 問題はありません。
だって 収録ですもん・・・1年分の講義・・・ヘタすれば前の使い回しでもいいですしね・・・
それより
大先生が踏まれていく地雷がすごいと思いませんか?
東大出て 塾講師をやられてる方は結構います。 そこはいいのですが・・・
「数学を教えようと思っていたけど 英語を教え (逆だったかもしれませんが・・・間違ってたらすいません)
結局 国語の講師になった。」
ん? 専門性ないんかい! なんてツッコミも  あまり問題ないかと思います。
だって・・・大学受験に対して専門性って・・・ 何ですか?
(わたしも・・・英語とか国語とか数学とか 教えてますしね・・・あっ わたしはバイトでした・・・)
大先生の地雷踏みは そこではなく・・・
「国語講師なら勝てると思った(1番になれるということらしいです)」 ここですよね。
大先生が国語講師になられるよりも以前に いらっしゃった講師の先生方・・・の立場は・・・?
(出◯先生 とか 樋◯先生とか・・・ 有名な講師の方々いっぱいいらっしゃるのに・・・)
うーーーん すごい地雷をお踏みになりますね。
また
大手某銀行をお辞めになってから 塾講師になるまでの経歴も・・・
塾講師って 結構簡単になれるんですね。(あっ! 東大ですもんね 「地頭」 が違いますよね!)
もう1つ
解答ですが 東大生とご一緒に作成されてるそうですね・・・???
・・・「今でしょ」先生の お話はこのぐらいにしておきます。
様々なところで いろいろ言われてるみたいですし ご本人には戦略もあるそうです。

さー なぜ「今でしょ」先生のお話をしたのか?
「国語力は3~5歳で決まる」 これが少し気になるからです。
もちろん
大先生は 「その後では無理!」 などとは仰られてません
(たぶん・・・でも 3~5歳しか 言ってないような・・・気がするのはわたしだけですね)
わたしの個人的意見にいきますね!
        国語力は いつからでも上がる!   です。
ただし!
真の国語力なんて お話ではなくて 
あくまでも 受験(特に大学受験)に必要な 国語力 のお話です。
例えば
大学受験の数学も完璧で 大学も理学部数学科へ進学し そこでも能力発揮! とか
英会話はペラペラだし 受験英語も完璧! 大学では英語であらゆる分野の論文書いてます! なんて方々は
問題ありません・・・っていうか すごいですね!(一握りぐらいしかいない気がするのはわたしだけですよね)
しかし
そんな 三度のメシより 「◯◯好き」 といった方々ばかりではありませんよね。
幼少期や未就学期から 数学や英語や国語に触れている方は さぞお出来になるでしょうが
(ちょっと嫌味臭いですか?)
そうでない方々は 学校へ行くようになってから 様々な科目に触れていきますよね。
ここからは そんな本当に普通の 極々普通の方々へのお話です。
「英才教育が~」 とか 「幼少期に~」 といったみなさまは スルーしてください。

(2度目の)では

まずはわたしのお話(何度もすいません)です。
わたしは 幼少期より国語に触れる機会は そこそこあったと思います。(父上様、母上様ありがとう)
しかし
小学校までは良かったのですが
中学校からは 国語・・・結構苦手になってしまいました。(父上様、母上様ごめんなさい)
定期テストはもちろん 極めつけは 模試・・・ 一番ひどいときは マーク模試・・・36点・・・グハ(汗)
(あ・・・200点満点ですよ)
わたしの暗黒期のお話はさておき
なぜ 点数が上がったのでしょうか?
そこが 本日一番言いたいことなのです。

みなさまに質問です。
「数学ってどうやったら 点数取れますか?」 「英語ってどうやったら 点数取れますか?」
「社会は? 理科は?」
どうですか?
この質問に対して 「定期テストの話ですか?」 「大学受験の話ですか?」 と
逆にお尋ねになる方・・・

まずは 正解です!
??? オマエ何言ってるんだ? ですよね。
「定期テスト対策がんばってれば 大学受験の対策も自然に身につくだろ!」 なんて お利口さんは置いておいて
定期テストの対策と 受験対策って 違うとお考えの方々・・・
では次のご質問です。
「定期テストってどうやったら 点数取れますか?」 「大学受験ってどうやったら 点数取れますか?」 です。
もちろん
得意科目で結構です。 お考えになってみてください。(かなり具体的にですよ!)

どうですか?
なんとなく 対策方法ありますか?
全くわからん! って方・・・ まずは 何でもいいので勉教しましょ! ですよね?
なんとなくはあるような~ って方・・・ そこにヒントがあります!
オマエ・・・焦らすよな~~ ですよね。
では 少しヒントです。
数学で言えば 関数が出題されたら (関数によりますが) 問題をチラッと見て
因数分解したり 微分したり 加法定理使ったり すぐに鉛筆動きませんか?
英語で言えば 穴埋め問題なら着眼点を探したり 
和訳なら 固まりを作ったり 文型判断したり 文法事項見抜こうとしたりしませんか?

国語ではいかがですか? 試験開始と同時に どのように動かれますか?

何度も言いますが
感覚的に 英語や国語が(数学を感覚的って・・・スゴイっすね)解けてしまうような方々は いいんです。
(感覚的と言えば・・・学校の先生に多い気がしますが・・・「オマエのわからんってところが わからん」 
なんて言われた経験ありませんか? わたしはあります・・・アホだったので・・・)
感覚的に解かれている方には 伝わりにくいと思いますが
そういった方は スルーですよ! (くどいですね)

国語の定期テストの点数の取り方って わかりますか? 受験勉強の仕方って わかりますか?
「本をだな~ たくさん読ん・・・」 「問題をたくさん解いて・・・」 「作者の心情を・・・」 
・・・これで わかるようになりますか? 国語力つきますか?
わたしは そういう指導では 国語が身につきませんでした。 (ダメちゃんだったのです)
何度も何度も 真面目にやろうと思ったのですが ダメでした。

しかし! しかしです!
ある時点から 激変していくんです!
それは
         国語も 勉強や受験の科目なんだから 絶対的な方法論がある!
コレ・・・もうバレてると思いますが・・・師匠の国語指導の第一歩です。
わたしの頭に ガツーンって 衝撃が走りました!
ん? 方法論? おもろそう! って感じでした。

幼少期からの 訓練で点数が取れる子は それでいいのです。
でも
幼少期からやっていても解けなくなってしまった(わたしのような)方や 
幼少期からやってない方は どうすればいいのか?
ってことを ものすごく明確に理解させてくれるヒントになる言葉だと思います。

そうなんです!
国語にも ちゃんとした方法論があるのです。
そうでなければ 感覚的に解ける子たちだけの科目? いえいえありえません。
受験必須になる科目は 正しい方法論で勉強すれば 1年~2年(人にもよりますし 方法論にもよりますが)ぐらいで
ある程度は 克服できるものばかりです。
有名国公立大学の入試問題でも 同じです。
「立ち位置」にもよりますが 正しい方法論で 勉強すれば 必ずなんとかなります。
そうでなければ
有名国公立に進学できるのは・・・やはり・・・「地頭」ですか?・・・
わたしは 個人的意見ですが そうは思いません!

おっとっと・・・
久々に すごく長い文面になってますね・・・

あ! 塾マニア! テメ~~終わる気だな(怒)!

いえいえいえいえいえいえいえ         つづく         です。

本日は 以上です。 ごめんなさい。

乱文・長文・かなり個人的な意見 誠に申し訳ありませんでした。(まぁ わたしの ブログ なので・・・)

                                  ちょっと「国語」にエキサイトしてしまった 塾マニアでした~

ちなみに
「今でしょ」先生に関しましては
東大ブランドを 見せつけてくれたことには ちょっと感謝してます。
(東進の他の便乗講師さま達には興味はありませんけどね)
チクショー やっぱ東大行くべきだなー って少し思っちゃいました。 もちろん 少しだけ ほんの少しだけ です。
でも
(絶対無理だったとは思いますが)行ってたら このブログやってませんでしたし
みなさまともご縁がなかったかもしれませんから 行かなくて良かったです!
(という 強がりと言いましょうか 負け犬の遠吠えだと 思ってください・・・ グスン・・・なんてね)

次回は本日のつづき・・・というか 戯言のつづきを がんばります!
  1. 2013/06/04(火) 21:16:27|
  2. ツボの箱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

塾マニアとは・・・

ZyukuMania

Author:ZyukuMania
愛知県内を中心に
すべての塾・予備校を
熟知しているかどうかは・・・

自身は至って真面目な・・・ つもりですが・・・ ご意見・ご質問は 下段コメント欄 または zyukumania@ 後ろにyahoo.co.jp へ お願い致します。

呟き(T_T)

呟いてもいます・・・

Twitterなども始めてみました・・・  別サイトなどへも

このブログをリンクに追加する

カレンダー

マメに更新がんばり・・・たいです!

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

開けてなるほど!

ご連絡方法がスグに見つからない方への 学参(参考書・問題集など)もココで・・・

連絡の箱 (3)
学参の箱 (1)
注意の箱 (19)
面白い箱 (3)
便利な箱 (1)
回答の箱 (10)
呟きの箱 (26)
中前の箱 (1)
中学の箱 (5)
高校の箱 (15)
浪人の箱 (2)
特殊な箱 (5)
ツボの箱 (22)
未分類 (20)

最新の記事

なるべく古い方から閲覧頂いたほうが・・・ いいかもです

みなさまからと塾マニアからの

コメント・返信・ご連絡などです

検索される方は

キーワードを入力してください

閲覧頂いた有難い方々の人数

非常に嬉しいのですが・・・

ブロとも・・・って言うんですね

この人とブロともになる

さすがに・・・いないですよね

QRコード

コレもあんまり必要ないような・・・

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。