塾選びのお悩み解決します!

勉強方法・参考書選び・塾選びなどに困ったら!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どうすれば・・・5

 
 小学生の時は 親の言うことをよく聞き
勉強もがんばり 塾の模試でも優等生
親の期待を一心に受け 志望中学にも合格・・・

このまま中学・高校と優等生で乗り切り 国公立医学部に入り
 「そうね~ どの地域がいいかしら? 東京は空気が汚いからな~
  ま~無理に外へ行かなくても 名古屋でいいかしら」 なんて6年後のことを考える

 「はじめは勤務医がいいわね お父さんも言ってるけど 若い頃に少しは苦労もさせなきゃね」
 「いずれは お父さんの病院を継いで 2代目ね」

 「あ! でも 素敵なお嫁さんが来てくれるかしら・・・ 孫にも3代目を考えなければ・・・」
 「お嫁さんもお医者さんだと なかなか子育てに手が回らないかもしれないから
  その時は 私がお手伝いしてあげないとダメね あ~ん お祖母ちゃんになっても 大変だわ~」
夢物語 語るだけなら 自由だが そんなにうまくは・・・
(ちょっと五七調です 最後の七語はご自由に・・・お考えください)

あれは こうしたほうが~♪ これは ああしたほうが~♫
あれにも通わせて♬ これは家庭教師がいいわね♪
英語力もつけないと・・・ 海外留学もいいわね~ でも・・・短期留学でいいかも・・・
見聞を深めるために 海外旅行も行かないと~
親の期待感は留まるところを知らず・・・

しかし!
そんな期待とは裏腹に・・・夢は脆くも崩れていく
それも 早すぎる中2の夏休み明け・・・
まずは 軽~く クラス順位で 真ん中に~~
その後 家庭教師の雨霰・・・
少しは持ち直す兆しも見せたものの 一度狂い始めた歯車は なかなかもとには戻らない
気づけば トドメのクラス最下位で 学年中でも下から1割・・・
父親は呆れて見放すが 母親はそれでも何度もネバる
高校からは 最下位街道まっしぐら 
それでも本人には 根拠のないプライドと 自分はやればできるという変な自信に満ち溢れる 
母親も この子はやれば出来る子 という当たり前すぎる理屈を信じこみ
 学校の先生が悪いんだわ」 
 「あの塾に入れたのが失敗ね
 など 責任転嫁の繰り返し
もちろん
その頃から 母子の強い絆も壊れ始め
子どもは 母を責めまくる  母も諦め 他の興味へ走り始める
しかし 所詮は 責任逃れと 現実逃避の 繰り返し
高校卒業しなければならない時はやってくる
最初の受験は無謀にも 医学部一本でいってみる もちろん桜は咲かず・・・
気づけば 8回目の春・・・
その間 使ったお金は 天井知らず 本人曰く 家が何軒か建つぐらいかな?
ようやく やってきた春は 私立歯学部への切符のみ
大学入ったのは7年前 しかし今でも3年生・・・
 「親とは絶縁状態だよ」 と言いながら 学費はどこから出ているのやら・・・
 「ま~ 結局 親が悪いわな」 今でも繰り返す この言葉・・・
すでに 三十路も既に過ぎてるのに・・・
お姉さんの結婚式には 呼ばれた とか 呼ばれなかった とか・・・



(上記のお話は実話に基づくもので ご本人様方のご了承を得て 掲載させていただきました)




                               ヤル気!                    〈其の伍〉

 みなさん こんにちは 塾マニアです。

本日は以上です。

乱文・長文 誠に・・・申しわけありませんでした~。

「対人」って言うよりは その人その人の在り方が 一番大事かもしれませんね~
もし 現在 上記の とまではいかないまでも
可能性の芽があるのなら よ~く心当たりを お考えくださいね
早期発見 早期治療(または予防) ですよ!
勉強ができないとか ヤル気が出ない というのは 病名こそないかもしれませんが
立派な病気の一つ・・・かもしれませんよ・・・
(異論もありそうなので ・・・かも・・・ にしておきます)
だから
早期発見 早期治療(または予防) なのです!

このお話を キッカケに! な~んて偉そうなことは思ってもいませんが
対人 に関しまして いろいろなことを お考えになってみるのも いいかも・・・しれませんね。
(ホントに 生意気ばかり言って すいません ひよっ子の戯言ですから~~~)

ちょっと過激なお話だったかもしれませんね お気を悪くされたら
本当に 申し訳ありませんでした~

                                                                塾マニア


スポンサーサイト
  1. 2013/09/06(金) 22:42:32|
  2. 回答の箱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どうすれば・・・4

                       ヤル気!                    〈其の肆〉

 みなさん こんにちは。
夏休み・・・終わっちゃいましたね~
新学期早々 実力テスト(宿題考査?)あったりしますね~
ちょっとお聞きしたところによると 先週から既に新学期に入った学校もあるみたいです。
それに比べると
                     大学って 休み多いな~(一部除きますが・・・) と思う 塾マニアです!

本日の内容は
2. 学校での対人関係はいかがですか? です。
(ココからお読みの方は おわかりにならないかも・・・なので 前々回の記事からお読みください)


まずは質問です。
「ヤル気が出ない理由として・・・」
・ 親が・・・(これはご本人側のご意見でしょうか?)
 学校の(または塾などの)先生との相性が・・・
・ 部活が・・・
・ 友達が・・・(このへんは保護者様側のご意見でしょうか?)
・ 異性との・・・
など
上記のような 「対人」 が原因として考えられますか?

う~~ん
この 「対人」 が原因だとすると なかなかヤル気を出させるのは・・・難しいですよね
親や先生が原因である場合と 部活・友達・異性などが原因である場合とでは
お子さまにとっては まったく異なった問題ですしね。
まずは
部活・友達・異性など のお話からです。

では

部活
これは一番問題になってしまうのは 「裏切り感」 ではないでしょうか?

部活って 何のためにやるのでしょうか?
試合に勝つため? チームワークの大切さを身につけるため? 忍耐力をつけるため? ・・・または?
気分転換のためって言う方もいるかも・・・ですね 体力をつけるためとか?(その割には授業中よく寝てますが)
どんな理由であれ 間違ってはいませんよね。
しかし
ココでのお話は 勉強に対する ヤル気 です。
部活で疲れきってしまい 家に帰れば即飯即寝 (我ながら なかなかの四字熟語・・・だと思いませんか?・・・涙)
土日ももちろん お盆も 年末も・・・挙句の果てに・・・テスト前も・・・
これは・・・大問題な気がします。
もちろん
そんなハードな練習をしていても 勉強もデキちゃうヤツって 稀ですが いるわけです。
部活の顧問が 必ずと言っていいぐらいに 引き合いに出しますよね!
しかし
そういった人って やはり稀なわけでして・・・
相対的に見て 部活をやってると 大学受験の合格率が断然アップする! な~んてデータは・・・あるんですか?
っていうか 超進学校(県外などの)は ほとんどが高2の途中で引退・・・って学校のほうが多いんですけどね。
(しかも 部活の時間もかなり少ないですし 練習も結構ソフトです もちろん例外はありますが)

さて
最近では 「部活動の時間にも合わせれます!」的な塾もあったりして
部活 部活 って・・・ どんだけ部活優先する子が多いのか・・・っと ちょっと心配にもなります。
といいますのも
部活やってる子の中で 「テスト または 受験 が心配・・・」 っていう人は結構いるのです。
しかし
「終わって帰ったら 疲れてしまって 勉強できないんだよね~」 って人が大半です。
(それが言い訳かどうかは 知りませんが)
だったら 休めば または 辞めれば いいじゃん!
勉強に支障が出てるんですよね? テスト勉強を優先したいんですよね?
だったら・・・
そこまで部活動・・・熱心にやらなくても・・・ 
な~~~んて思ったりしませんか?(わたしなら 即退部ッス!)
でも
生徒さんたちは 辞めない(辞める人もいますが)んですよね~
なにがあそこまで 彼らを続けさせるのでしょうか?
負けず嫌いだから? 途中で放り投げたくないから? 試合に勝ちたいから? なんとなく・・・?
これにも様々な理由はあると思いますが
裏切り感・・・これあったりしませんか?
特に 少人数の部活などでは よくあるようです。
「今 2年生が 5人しかいなくて・・・」 とか 「オレ(わたし)が辞めたら 試合出れないんだよ」
「辞めると言ったら 顧問が・・・」 とか 「塾行くから休むって言ったら 仲間から・・・顧問から・・・」 などなど
ちょっと心当たりってありませんか?

わたしの独り言ですが(ブログ自体独り言みたいなものなのに・・・変な言い方ですね)
勉強に支障(というか損害と言ってもいいですが)が出ているのなら たとえ「裏切り感」があっても
                     辞めちゃったほうが イイ ですよ・・・
(あ! コレは あくまでも わたしの個人的な独り言ですからね!)
だって・・・
本当に 部活で 勉強が疎かになっているのなら 確実に 後悔しませんか?
18歳から以降のほうが 人生って長いわけでして・・・
部活が功を奏して 飯のタネになる方もいるかもしれませんが・・・それってまさに 稀な感が否めません。
であるなら
大学や会社の方が 飯のタネになる可能性は高い気がします。
ただし
お子さまが そのように思わない限り 部活を辞めることって 難しいのは 言うまでもありませんね。

友人
本日のメインですね。
まさに今年度のお話なのですが・・・

駿○予備校でのお話です。
名駅に校舎が移りましたが 今年度 東○生の占有率がすごいらしく(浪人生のお話ですが)
1浪 2浪は 当たり前 3浪以上もかなりいるようです。
(昨年度の入試では 予備校からの合格者はかなり・・・少なかったらしく みなさん駿○に走ったんですかね)
それは 東○に限ったことではないのですが (南○ や ○(一文字で江南の方の) 淑○ などもいらっしゃいます)
とにかく・・・東○生・・・
                めっちゃ・・・ うるさい らしいです。
放課中や昼食時などは 仕方ないですが
講義中や自習室などで すっげ~~~ うるさい らしいです。
そのせいで 他の浪人生からの苦情が凄まじいらしく
塾側が注意をしたその回数・・・なんと 前期(4月~7月までで)だけで 100回以上 らしいです・・・
(もちろん 一部の浪人生だけだと思います・・・っていうか思いたいですが)
ちょっと 異常な状態らしいです。

別のお話ですが
テスト前などで 高校生は図書館や予備校の自習室などで勉強したりしませんか?
その場合・・・
お一人で行きますか? それとも お友達と行きますか?
これも すべての人ではありませんが
喋ってる人・・・かなり多くないですか?
もちろん 気分転換に・・・であれば問題ありませんが・・・かなりの時間・・・喋ってますよね・・・?
場所柄 以前は鶴舞図書館へたまに行っていたのですが
中高校生と思しき方たち・・・うるさかったな~~
夏休みや冬休みに 図書館や予備校の自習室へ行くと
同じ小学校や中学校だった人たちと バッタリ! 
「お~~久しぶり~~」 なんてことになり
「オマエもココで勉強してるんだ~」 な~んて すっかり意気投合・・・次の日からも・・・
こんな光景は 意外にも多かったりします。

もう一つ別のお話ですが
たいていの予備校は自習室開放がPM9:00頃までですよね?
その後って まっすぐお家帰ってますか?
母 「あなた こんな時間までどこ行ってたの?(ちょっと怒り気味)」
子 「ハー?(ドヤ顔で) 自習室で勉強しとったわ!(勝ち誇り気味)」
母 「え? でも自習室って 9時までじゃないの?」
子 「ハー?(切れ気味) ○○(お友達)たちと ミスドで勉強しとったわ!(ドヤ顔)」
こんな会話・・・してませんか?
この会話・・・まー全部とは言いませんが・・・ほとんど・・・ ウソっす
ミスドで勉強ですか? う~~ん 千種のタイホウのとこですよね?
確かに あそこには浪人生っぽい方々が夜遅くまでいますね~
(机の上に 河○塾のテキスト置いてありますもんね)
でも・・・喋ってる時間が メチャ多いような・・・ わたしがいた時にたまたまですよね・・・ たまたま・・・ね・・・?

こんな感じのお話も 氷山の一角でして
次から次に出てくる出てくる・・・です。
では
何が問題なのか? それは お付き合い ではないでしょうか?
一緒に 自習室や図書館行ったり ご飯食べちゃったり 休憩時間までも一緒だったり
帰りの時間も一緒 その後も 一緒・・・
う~~~ん そんなに一緒にいて         ちょっとキショくないですか?
それが友情ですかね? 親友ですか?
お互いの勉強を邪魔しあって 足を引っ張り合い 成績落ちても一緒ならいいんですかね?
片方が成績上がれば 「オマエ 何を ちゃっかり勉強してるんだよ~」 なんて またまた 「裏切られた感」・・・
このお話
もうひどいお話をすれば とりとめなく出てくるのです。
しかし
重要なことを一つ
たまに 極たまにですが
       「ウチの子が 悪くなったのは ○○くんたちと 一緒にいるようになったからだ!」 
・・・
・・・
絶句です・・・
確かに ○○くんにも非はあると思いますが オタクのかわいい僕ちゃんにも 十分非があると思いますよ・・・
つまり
本気で勉強しようと思ったり その仲間から抜け出したいと思うなら
遊ばなければ良いだけなのです!
そりゃ 地域的なのか 学校によってなのかは 定かではありませんが
抜けると イジメられたり 暴力振るわれたり ・・・なんてことも あるかもですが
大学受験をそれなりに目指してる人たちレベルの仲間うちで・・・
イジメ?・・・むしろ好都合ではないですか!・・・抜けれるじゃん!
ご自身の進学 つまりは将来につながる時期なのに 邪魔するヤツ? それって ホントに友達ですかね?
逆を言えば ご自身もそこにいる人たちの足を引っ張ってるんですけど・・・どう?
ってことは
「○○くんたちが 悪い!」 のではなく そこで喋ってしまう または サボってしまう 僕ちゃんも 
                       同罪ですよ!
                         じゃないですか?
しかも
○○くんの家も 同じこと言ってるかも・・・ですしね。

         お付き合い は程々にしておかないと そのグループ全員・・・不合格~~ ですよ!

ただし・・・
これもご本人次第なので 保護者様はあまり言えないかも・・・ですね
成績が悪いグループの お仲間さんたちほど 「友達って聖域」 な感じが強いですよね?
東○B群の方たち いかがですか?
つまり 「何人たりとも侵すことができない領域」 っぽくないですか?
親が友達をちょっとでも悪く言おうもんなら メッチャ反撃してきませんか?
とにかく 現段階で 「守るべき唯一の領域」 のようです。

う~~ん コレもじっくりお話し合いをしなければならない問題ですね。

最後に・・・異性 ですが
コレは以前の記事でも書いたので そこをご参考にしていただければ・・・と思います。
しかし
異性で 「勉強ヤル気」 が出ないとは・・・
ちょっとコレ以上は かなり過激発言になると思いますので 控えさせていただきますが・・・
     一言               スベれば 捨てられるよ・・・
ひ~~
ごめんなさい ごめんなさい 確率論といいますか 統計学上といいますか
どちらかが 合格 どちらかが 不合格 って場合が ありまして
そうなった場合 たいていは・・・って お話ですからね!
例外のお話も多々あるのは知ってますよ(汗)

しかし
本日の内容全般に言えることなのですが
お子さまも 保護者様も        後悔のないように!    です

本日は以上です。

乱文・長文 誠に申し訳ありませんでした。

「対人」 とってもデリケートな問題なのでしょうけど 本当にそうなのでしょうか?
仮に現在 高1だとして 5年後を想像するのって それほど難しくないと思うんです。
であるなら その5年間で出会う人たちもいっぱいいるわけで・・・
しかし 中高生にとっては 今の対人関係が すべてのように思えてしまうわけです。(と思っている人もいるってこと)
対人関係が良好で 学業にも良い影響ばかり! なんてかたは問題ありませんが
問題が多々あるかたもいっぱいいるわけです。
「オレは(わたしは)~~~になりたい!」 そんな大切な思いを 純粋に応援してくれる
または  ともに励まし合える   そんな対人関係ができるといいんですけどね~

次回は
「親・先生」編です。
ちょっと過激な例を 出してしまうかも・・・ですが ご関心があれば・・・覗いてやってください。

                                                                塾マニア 
  1. 2013/09/03(火) 18:23:47|
  2. 回答の箱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どうすれば・・・3

                        ヤル気!                    〈其の参〉

 みなさん こんにちは。
前々回の記事からのメールで 「塾マニアは受験生の時 携帯やPCなどはどうしてた?」
とのご質問を複数受けました。
え~~っとですね~
まずは携帯ですが
現役から浪人へ移行する時期に 解約してもらいました。
そもそも 当時から携帯に縛られてる感に疑問を持ってまして・・・
意外と問題なく解約しちゃいました。
その甲斐あってか 現在もガラ携(って言うんですかね)でして スマホは使ってません。
しかし
友人とのコミュニケーションに支障もありませんし(仲間はずれになってる・・・かも・・・冗談ですけどね)
頻繁に携帯を気にすることもありません。
(もちろん歩きながらとか 人と話してる時に携帯ポチポチやチラ見したりもありません)
っていうか
そんなに 必要だったり 大切なことが 携帯から送られてくるのかどうかも疑問ですしね・・・
まっ わたし個人としては従属感がちょっと嫌なだけかもしれませんね。
(LINEですか? あれはすごく従属感を感じますが・・・人それぞれですかね?)
先日 ある友人から
 「まだスマホじゃないのか! そのうちガラ携なくなるぞ!」
な~んて言われちゃいました。
そりゃ~以前の流れから考えれば なくなるでしょうね。
(ド○モで言うなら ムーバが廃止でFomaになりましたしね 今はXiですか?)
携帯会社の経営戦略には興味はありませんが スマホの方が儲かるんでしょうね~
しかし
 「なくなってから 考えればいいかな・・・」 程度にしか考えていません。

まっ 就活に必要だったり お仕事で必要なのは わからなくもないですが
中高生にとっては 特に受験生にとっては ほぼ要らないかな・・・(極稀な例はあるかも・・・ですが)
大学のHP見たり 問題の解法探したり・・・
節度ある使い方は良いとは思いますが・・・(それだけでは済まないような・・・)

PCに関しては
ウチは両親の厳重な管理下にありましたので 中高生時に自由に触ることはありませんでした。
大学に入ってからは レポートなどに使う場合もありますから さすがに購入しました。
しかし インターネットへの接続はほぼ自宅のみです。(大学では必要最小限です)
(だから週末とかは触れないのです・・・ちょっとラッキーだと思ってます)
しかも 1日の閲覧時間も自分なりに制限してるつもりです。

ゲームですか? 今まで興味がなかったか? と言われれば
興味があった時期もありましたが 1日中やるほどハマったことはありません。

ただ・・・
興味がなかったことが最大の理由ではありますが
依存症っぽくなってしまうモノに対しては ちょっと警戒心があったのかもしれませんね。

わたしの受験時はこんな感じでした。
う~~ん あまり参考にならないかもしれませんね。

さ~本日の内容です。
 「2. 対人が理由で ヤル気がでない」 そんな人のお話です。

では

まずは質問です。
1. ご家族での関係はいかがですか?
2. 学校での対人関係はいかがですか?
 (先生・友人・部活の仲間・先輩・後輩など)
3. 異性との関係はいかがですか?

中高生を取り巻く環境としては 対人 って上の3つがメインではないでしょうか?
(塾とか 習い事などもありますかね)

え~~っと ここでもう1度ご確認くださいね。
対人関係が円滑にいってる人たちは問題ありませんからね!
前回からの記事の流れとしまして
・ヤル気がない → ・原因が対人にある → ・どの人との問題なのか? って流れですからね!

1.の ご家族間に問題がある場合は
う~~~ん 正直 わたしは口出しできません。
なぜなら
必ずと言っていいほど 保護者様とお子さまのご意見が食い違うからです。
例えば
母 「あなたが○○って言ったのよね?(かなり高圧的な口調)」
子 「まー そうなんだけど・・・ でも・・・ あの時は・・・」
母 「あなたが○○って言ったから お母さんは・・・」

または
母 「そんなことばかりやってると 将来どうなるかわかってるの?(かなりお嘆き気味)」
子 「ハ? なるようにしかならんでしょ(ため息混じり)」
母 「もう お母さん知らないからね!(突き放し口調)」
部屋を出る
子 「うるせーな バ○ァ」 (あくまでもサンプルなので ひどい言葉でスイマセン)

または
母 「お父さんからも何か言ってやってくださいよ~」
父 「まー親がどんだけ言っても やらんヤツはやらんよ オレもそうだったしな」
子 「ホラ見ろ~ 結局うるさいの母さんだけじゃないか~」
母 「違うわよ! お母さんはあなたの将来を思って・・・」
子 「べつに おれ(わたし) 母さんのために勉強してるわけじゃないし~!」
母 「お母さん そんなこと言ってないでしょ!」

または
あまりにひどいお子さまを見かねて
父 「おまえ そんなにヤル気がないなら 全部ヤメろ~ 塾やら習い事は全部ヤメろ!
   携帯もパソコンも没収だ!」
子 「は~~~なんでそうなるんだよ~~~」
母 「あなた そこまではちょっと・・・」
父 「おまえが そうやって甘やかすから コイツが・・・」

う~~~ん
コレ 全部実話です。 っていうか氷山の一角です。(ですよね)
こんな例って いっぱいありますよね。
しかし
的が当たってる部分と 的が外れてる部分と 
本音の部分と 建前の部分と
とかく家族間だと なかなかみなさんが落ち着いてお話することって 難しいのではないでしょうか?
(何度も言いますが ヤル気がでない理由が 家族関係にある場合のお話ですからね!
 「そんなことないよ~ ウチは・・・」 というご意見は 現段階では無意味ですからね・・・
 ただの 「家族仲良し自慢」 にしかなりませんよ!)
ですから
わたしからも なにかお役に立てるお話はできないのです。
ですが
もし もし できるのであれば 
ご両親とお子さまが 十分な時間をとって 落ち着いて お互いの本音の部分でお話し合いになり
お子さまが何を考えているのか? ご両親は 何が許せて 何が許せないのか? とその理由など
お子さまがどうなりたいか? と ご両親はどうなって欲しいのか?
そういった様々なことを 納得はいかないかもしれませんが
お話し合いになることが できたらいいですね・・・ これぐらいしか わたしからは言えません。

わたしの友人のお話を一つ
子 「結局 母さんは 他人に自慢したいから オレに勉強しろ って言うんだろ!」
母 「それの どこが悪いのよ! 母親なんだから 期待するのは当たり前でしょ!(かなり切れてたみたいです)
   しかも いい大学に行ったら自慢するに決まってるでしょ! 母さんは勉強を教えてあげれないけど
   御飯作ったり 洗濯したり お風呂入れたり・・・
   出来る範囲でしか だけど サポートしてるんだからね!
                              (メッチャ切れながらだったみたいです)
   だから 自慢することぐらい 許しなさいよ!

う~~~ん 世間一般論的観点や教育的観点 倫理的観点などは
尾○ママ大先生などの 偉~~~い(とは思いませんが)大先生方にお任せして
わたし・・・
このお話を聞いた時 一言 「おまえの母ちゃん スゲー」 って言ってしまいました。
なぜなら・・・ ウチの 母も・・・ 同じような事を言ったからです。 お母様スイマセン こんなところで・・・公表しちゃいました
しかし
このお話のオチは
友人自身が かる~くKOされちゃいまして 以降メッチャ勉強したそうです。

なにがお伝えしたいかと言いますと
                      ズバリ 本音 です
本音でお話し合いができたら
いいかもしれませんね! ってことです。

本日は以上です!

乱文・長文・あまりご参考にならない例文 誠に申し訳ありませんでした。 (わたし如きの戯言ですから~)

う~~ん
どんどん 後伸ばし後伸ばしになってますが
次回は 「2. 学校での対人関係はいかがですか?」のお話です。
この中で 塾での対人関係などのお話もしますね。
東○高の方々は 要チェックかも・・・です
(最近 駿○予備校での評判が・・・メッチャ・・・ですよ)

しかし・・・こんな内容で本当にお役に立ってますかね? 
(キャ~ホントのことは言わないでくださ~~い ショックで・・・立ちなおれ・・・ッス)
                                                                塾マニア 
  1. 2013/08/29(木) 00:07:05|
  2. 回答の箱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どうすれば・・・2

                         ヤル気!                    〈其の弐〉

 みなさん こんにちは。
先週までの暑さはどこへやら? 昨日からちょっと風邪気味の塾マニアです。

現役生のみなさん!
あと1週間となりましたね!・・・夏休みね!
特に受験生のみなさんは ココからは早いですよ~
気づけば年末・・・グハ・・・ な~んてことになりますから
綿密な計画を立てて 残り4ヶ月ちょいを乗り切ってくださいね!

本日も 前回に引き続き ヤル気! に関する内容です。
前回の掲載から またまたメールをたくさんいただきました。
予想通りといえば 予想通りなのですが・・・
なかなか ヤル気 を出してくれない方々 ヤル気 が出ない方々って
多いですよね。
たかがわたし如きのブログを閲覧頂いている方々の母数で
こんなにもメールが来るぐらいですから 全体で考えたら・・・ちょっと 恐ろしいです
それでも なにかお役に立てれば・・・と思い 今回も掲載します
まったく役立たずかもしれませんが 何かをキッカケにヤル気を出してくれることを願うばかりです。

では

まずは
原因
原因の候補を挙げてみます。
1. 原因がわかっている
2. 原因がわかっていない

これっていかがですか?
1.に当てはまる人は 次に

a. 対物質によるもの・・・携帯依存 PC依存 ゲーム依存 ファッション依存 など
b. 対人によるもの・・・家庭環境 学校環境(部活動など) 交友関係 異性関係 など

2.に当てはまる人は・・・う~~んかなり問題の根が深いです。
自己管理は・・・できていないでしょうし
危機意識は・・・ないでしょう

つまり 無気力 無関心な状態だと考えられます。

ざっとこんな感じに分類できるのではないでしょうか?
ちなみに
勉強しているのに 成績が上がらない! って人は 以前のわたしの記事にも書きましたが
今回の方々とは別のお話だと考えます。

では
もう1度まとめなおしますと
1. 対物質的な理由で ヤル気がでない
2. 対人が理由で ヤル気がでない
3. 無気力 無関心で ヤル気がでない

まだ他にも原因はあるでしょうが 今回はこの3つに絞ってお話していきます。

1.の人
これは 本人の意識とご両親の意識との違いが大きいのではないかと考えます。
ご両親はあくまでも 気分転換程度 とお考えになっていたかもしれません
もちろん
お子さまにもよりますが キチンと割り切ることができるお子さまもいらっしゃいます。
しかし
そこは やはり まだまだお子ちゃまなわけでして・・・
親は 勉強ばかりではいけないのかな? とか ちょっとぐらいなら・・・ とか
(特に中入試の後とか 高校入試の後などに 気を緩めるケースが多いですね)
ちょっと甘やかし(?)てしまうみたいですね。
そこで 手っ取り早いもの・・・携帯・PC・ゲーム・ファッションなどなどに・・・って感じではないでしょうか?
そうなると~~~
お子さまにとっては 勉強よりソッチのほうが 楽しいわけです!
しかも 歯止めが効かなくなります。

最近 バスや地下鉄内で または 歩きながら 携帯(スマホですかね)をやってる大人
めっちゃいませんか? または常に携帯を気にしてる大人って・・・結構いませんか?
あっ! 別に大人の方がやってることを批判する気など全くありません!(通学中・・・邪魔やな~とは思いますけど)
(もう一つ でも・・・最近って大人の方公共の場での常識感って・・・ない感じがしますが・・・気のせいですかね?)
しかし
大人の方々でさえ あれほどハマってしまう機器なわけです 子どもは・・・なおさらではないでしょうか?
PCに関しましては
ヘタすると お子さまのほうが詳しかったりしませんか?
特にPCによる弊害は・・・睡眠不足になりがちってことのようです。
次の日の授業に影響が出てくるみたいですね。
ひどいと PCを見ないと落ち着かない! な~んて 完全な依存症になってる方もいますよね。
(ブログをやってて言うのは変ですけどね)

ゲームですが・・・う~~~ん コレに関しては わたし個人の意見としては
  「お年寄りになってから 指先と頭のリハビリを兼ねてやればいいかな~」 って感じです。
これは
師匠に言われたのですが
「悲しいことに 日本って 15歳ぐらいから20歳ぐらいまでで 将来が決まってしまうんだ!
 もちろん その後に気がついてやり直せる人もいる。
 しかし 大半は大学や会社に入る段階で 将来がある程度決まってしまうんだ!
 なのに その大事な時期に ゲームって・・・
 ゲームをいくらやっても 将来の1円にもつながらんぞ! でも勉強は可能性を秘めてるぞ!
 ま~そんなにゲームやりたければ めっちゃお金稼げるようになってからとか 老人になったらで 良くないか?」
このお話 もちろん例外はいくらでもあります
ゲーム好きが功を奏して IT企業の~ とか プログラマーに~ とか
しかし
そうなることも期待して ゲームをすることをお許しになってるご両親は・・・そんなにいらっしゃるんですかね?
たぶん この記事をご覧になってる保護者様は・・・違うのではないでしょうか?
ファッション・・・う~~ん 服やらなんやら買いたくなり バイトしまくってしまうとか?
毎月出るファッション誌が め~~~っちゃ楽しみ~~~ こんな感じですかね?
          大学入ってから とか 社会人になってから とかでいい気がしますが・・・
さ~いかがでしょうか?
1.に当てはまる方々に関しましては
親の 「気分転換的に~」 という感覚と お子さまの 「ハマる」 という感覚に
大きな違いがある気がします。
また
それを 交友関係に繋げてるのなら・・・
例えば
「クラスの○○くん(ちゃん)と遊ぶようになってから・・・にハマりだした!」
う~~~ん ホントにそうなんですかね? (コレ以上は言いませんが)

では
1.の方々が 「ヤル気」 を出すには
まずは
   保護者様とお子さまとのお話し合いが大切ではないでしょうか?

「すでに 話し合ったわ!」 「そんなんで言うこと聞くハズないでしょ!」 ですか?
だったら・・・
                         取り上げちゃえば?
これが方法としては 最終手段かもしれません。
このようなことを言ってしまうと 様々な反論・批判が飛び出すかもしれませんが
わたしが言いたいのは
まずは お話し合いになって 保護者様とお子さまの認識の差を埋めるようにすること。
次に 少々の制限をしていくこと。
それでもダメなら・・・ ってことです。
お話し合いによって ご本人が気づければ 全く問題はないわけです!
しかし
そんなに簡単に受け入れてくれないお子さまがいるのも知っています。
親の本音をぶつけたり お父様が烈火のごとくお叱りになられたり または・・・「放っておけ!(怒)」・・・
(いつか気がつくだろ!っていう淡い期待ですかね)
様々なことをされている方々が大勢いらっしゃるのも知っております。
でも それでも依存度が高いのであれば・・・
ってことです。
でも・・・わたしの本音は・・・
たかが 携帯 PC ゲーム ファッション じゃないですか・・・

されど! と言われる方に 逆にご質問なんですが
そんなに大切なことだと思われますか?
保護者様にとってではなく お子さまにとって そういったモノが 本当に大切だとお考えですか?
もしかして・・・
取り上げることで 家族間に亀裂が~ とか お子さまに嫌われる~ とか・・・お考えではないですよね?
そんなに厳しくすると~ とか ちょっとぐらいは~ とかお考えですか?

であるなら
やはり お子さまを信じて 待つ しかないように思います。
でも
お子さまが なんと言おうが それはあくまでもお子さま側に都合の良い主張でありまして
説得する能力も 納得させる話術も 大人である保護者様のほうが長けてるのではないかと
考えるのですが・・・  いかがでしょうか?

本日は以上です。

乱文・長文・個人的感想文 誠に申し訳ありませんでした。 
(わたし個人の他愛も無いブログでのことなので ご容赦を~)

ちなみに本日のお話・・・
「勉強」とか「大学受験」を第一の優先順位だと お考えの方々のみのお話です。
すべてを取り上げてまで 勉強っていうのは・・・ちょっと・・・ という方は スルーしてくださいね。

もしかすると
親のほうの方向性がブレてしまっているのも 原因の一つなのかも・・・(生意気言ってスイマセン)

次回は
「2. 対人が理由で ヤル気がでない」人たちのお話です。
ご関心があれば また覗いてやってください。
                                                                塾マニア 
  1. 2013/08/26(月) 22:20:23|
  2. 回答の箱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どうすれば・・・1

                         ヤル気!                    〈其の壱〉

 みなさん こんにちは。
暦の上では秋らしいですが 一向に秋の気配を感じない 塾マニアです。

お盆明けから数日が経ちました。
その間 メールなどで一番多かったトピックに関しまして
本日は掲載してまいります。
それは・・・ ヤル気 のお話です。
もちろん 勉強に対する です。
う~~ん これって 難しいですね。
なぜなら
ココ・・・ブログなわけでして しかも わたし如きひよっ子のブログでして
ココで何かを 言ったところで ヤル気のでない方々の環境や状況は様々なわけです。
仮に このブログを読んでいらっしゃる方が 当事者であるお子さまだとして
何か ヤル気 が出るような魔法の言葉が言ってあげられるか?
また
読んでいらっしゃる方が保護者様だとしますと
わたしなんかよりも ずーーーーっとお子さまをご理解しているわけでして
しかも
例外的なお話なども たくさんご存知かと思うんです。
また
書店に並んでいるような 啓発本や予備校講師が書く ヤル気を出させる(?)本
脳科学系の本など・・・ いろいろな側面からアプローチしてる書籍が並んでますよね。
インターネット上でも 同じような内容のブログやらHPやら・・・
お知り合いの方々から入ってくる情報も様々ではないでしょうか?
他にもいろいろな情報が入ってくるでしょうが
保護者様方に お聞きしたいのは 
そういった様々な情報を入手し その情報からお子さまの性格や環境なども考慮し
お子さまの為を思って あの手この手を駆使し 押し引きも考えアプローチしたり・・・

いかがですか? ヤル気 出してくれましたか?

そういった保護者様の親身なアプローチの甲斐があって ヤル気を出してくれていれば
なんの問題もないですね。
しかし
そういった方々は 結構少数のようで
「何をしても 何を言っても まったく ヤル気 を出してくれない!」
という方のほうが 圧倒的に多数な気がします・・・(わたしの勘違いならすいません)
本日より数回は そんな方々へのお話をしてみようと思います。
もし該当されていたり ご関心があるようでしたら この後 数回お付き合いください。
また
ウチのコは こんな方法でヤル気を出してくれました! といったお話などがあれば
ジャンジャン コメントください。
ただし
実体験に基づかないお話や 無責任な放任主義を助長されるお話 どこかの無責任本やありきたりな一般論などに
掲載されてる内容などをコメントされましても・・・
(医学的には~ とか 教師の観点からすれば~ とか 放っておきなさ~い とか
 ○○先生も仰ってましたが~ とか 知り合いの○○高校のお母様は~ など・・・)
なるべくで結構ですが
真剣にお悩みになられている方々へのご配慮をお考えの上 コメントなどを頂けると非常にありがたいです。

では(前置き長いですね・・・すいません)

ヤル気! このお話は 以前にも何度かお話してきた中で触れた内容ですね
(ご面倒でなければ 以前の記事を御覧ください)
というか わたしのお節介の目的の一つでもあります。
わたし自身が中高生だった頃のお話などは 全く役に立たないわけでして
でも
塾講師のバイトをしていると たまにぶち当たる壁です。
塾に通われている方の場合
ヤル気はそこそこある方が多い気がします。(持続するかどうかが問題ですが)
しかし
たまに 本人に 全くヤル気を感じない生徒さんもいらっしゃいます。
例えば
個別で(マンツーマンで1時間程指導するのですが)指導している時に
・頷くだけで 明らかに理解していないといいますか 理解する気がない方(わたしの指導法に問題があるかも・・・)
・やっつけ程度の質問しか持ってこない方(その問題が解けないことで 本当に悩んでいるとは思えない感じです)
・説明している最中に・・・眠ってしまう・・・な~んて方
などなど
あっ もちろんそのまま放置するなんてことはしてませんからね!
アプローチ法をココで書くことはできませんが
今のところ 4月から担当させて頂いてる生徒さんは 全員成績は上がってますから!
(ただし 全員がメッチャ ヤル気か? と言われますと・・・ ちょっと自信がない部分も・・・ 以降精進致します)
また
集団で(最大10名 1コマ1時間30分の指導ですが)指導している時に
・携帯見ちゃってたりする方
・板書することだけで満足しちゃってる方
・やはり・・・眠っちゃう方・・・
などなど
塾に通われてる生徒さんの中にも 最初の段階では ヤル気 をあまり感じない方もいます。
そういった方って 実は入塾の段階で面接などをしていると 似たような傾向がありまして
これは わたしが師匠と崇める 塾の先生がたや大学の先生がたも 同様の傾向を感じられるそうです。
その傾向に関しては ここでは言及しませんし
そういった生徒さんたちへの アプローチ法も ここではお話いたしません。
でも
現段階では 師匠たちの指導法を実践していますので 脱落者0です。(お師匠さまたち~ ありがとう~~)
(このあたりの試みが 4月前後にココで書いた 「新たな試み」 です)
ここまでで
本日の内容のオチが見えましたでしょうか?
つまり
ヤル気! これを出してくれる塾をお探しになるのも一つの手ではないでしょうか?
ってことです。 (ちなみに コレって以前も書いた内容ですけどね)
ただし!
入塾前の面接時に 詳細をしっかりお話しておくことを お忘れなく!
わたし如き 世間でいい加減などと言われてる 学生バイト講師如きでもできることなのですから
プロの講師様たちなら デキるハズですよね!
(ウチは学生のバイトは使っていません! 全員厳しい面接 研修を受けたプロの集団です! な~んて
 謳われてる塾って結構ありますもんね!・・・完全に イヤミ っぽいですか?
 いやいや デキる塾なら イヤミ とは捉えないハズですよね?)

本日は以上です。

乱文・長文 誠に申し訳ありませんでした。

次回は
「でも 塾では ダメでした・・・」 とか 「家でなんとかならないの?」 といった方々へのお話を・・・
がんばりたいです!

ちなみに
わたしの記事内容って・・・
やっぱり なんとなく わたしがバイトしている塾への勧誘みたいなものを感じたり
             家庭教師を斡旋しているように感じてしまいますかね?
または         営利目的が見え隠れしたりしますかね?
万が一 そのようなことをお感じになられたのであれば・・・
以降は こんなお節介人間がやってるアホなブログですから かる~~くスルーしてください。
(つまり 見ないほうが良いですよ~ってことです)
実際
エデュの掲示板や このブログを始めてから わたしのバイト先の所在地を尋ねられたり
                           家庭教師に来て欲しい~
といった内容のメールは ありがたいことに た~~~~くさん頂きました。(現在もいただいてます)
しかし
塾へ勧誘したこともありませんし 家庭教師の斡旋もしたことはございません!
っていうか
今年の3月の時点で バイト先のわたしのシフトは満員でしたし 今も満員ッス
(通ってくれてるみなさま 本当にありがとうございます!)
また
家庭教師に関しましても 以前はやっていたこともありましたが・・・
正直・・・時給悪すぎッス。(本部~~~持ってきすぎやろ~~~)
(だから 家庭教師の質が下がっているのかどうかは 定かではありませんけどね)
なんか変なお話ですが
たまに(最近ようやく たまに なったのですが)変な痛いメールをいただくので
改めて言わせていただきました (余計なお話ですいません)

夏休みも残すところ あと10日
残暑も厳しいですが 熱中症などにお気をつけて 充実した夏休みになることを願います。

                                                                塾マニア
  1. 2013/08/22(木) 12:32:57|
  2. 回答の箱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

塾マニアとは・・・

ZyukuMania

Author:ZyukuMania
愛知県内を中心に
すべての塾・予備校を
熟知しているかどうかは・・・

自身は至って真面目な・・・ つもりですが・・・ ご意見・ご質問は 下段コメント欄 または zyukumania@ 後ろにyahoo.co.jp へ お願い致します。

呟き(T_T)

呟いてもいます・・・

Twitterなども始めてみました・・・  別サイトなどへも

このブログをリンクに追加する

カレンダー

マメに更新がんばり・・・たいです!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

開けてなるほど!

ご連絡方法がスグに見つからない方への 学参(参考書・問題集など)もココで・・・

連絡の箱 (3)
学参の箱 (1)
注意の箱 (19)
面白い箱 (3)
便利な箱 (1)
回答の箱 (10)
呟きの箱 (26)
中前の箱 (1)
中学の箱 (5)
高校の箱 (15)
浪人の箱 (2)
特殊な箱 (5)
ツボの箱 (22)
未分類 (20)

最新の記事

なるべく古い方から閲覧頂いたほうが・・・ いいかもです

みなさまからと塾マニアからの

コメント・返信・ご連絡などです

検索される方は

キーワードを入力してください

閲覧頂いた有難い方々の人数

非常に嬉しいのですが・・・

ブロとも・・・って言うんですね

この人とブロともになる

さすがに・・・いないですよね

QRコード

コレもあんまり必要ないような・・・

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。