塾選びのお悩み解決します!

勉強方法・参考書選び・塾選びなどに困ったら!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いよいよ・・・

     国公立本番まで   あと1週間となりましたね!


 みなさん こんにちは。
国公立前期試験まであと1週間となりましたね~~
いかがお過ごしですか?

受験する大学や学部にもよりますが
やはり みなさんが気になるのは 医学部医学科の状況ではないですかね?
特に この地域は ○○大(上の県ですね)が足切り設定したおかげ(?)で
志願倍率の変動が大きいところと ちょっと穴場的な大学ができちゃったり・・・
その逆で 倍率が予想以上に伸びてしまった所と・・・
まっ もう出願しちゃったわけですから 何を言っても仕方のないことなのですが
                       足切り・・・
になってないことを祈ります。

事前に様々なデータを収集したおかげで(あんま関係ないかもですが)担当させて頂いてるお子さまたちの
志願倍率は・・・              セーフ      (だと思っているのですが)
それも束の間・・・グハっ・・・
2月に入っても いろいろなことでバッタバッタの  塾マニア です。

さて
本日は まずは受験生のみなさまへの応援(?)を
(見てないとは思いますが・・・当たり前ですね)

では

まずは 絶対に~~~体調管理に気を使うこと!
ココで風邪を引いてしまうと ちょっと痛いですよね。
この時期 特に浪人生は 行くあてもなく 予備校などの自習室へ行きがちです。
周囲の人とコンタクトをしなければいいのですが
なんとなく 何をしたらいいのかわからなくなり 知り合いのいる自習室へ行き
あ~でもない こ~でもない あそこはあ~だ ここはど~だ みたいな
あまり生産性のない(学力には全く関係のない)話を しているんです。(ですよね?)
そ~すると 変な菌拾ってきたりしますよ・・・


しかし
万が一 風邪などを引いてしまった場合
「試験当日じゃなくてラッキー!」 と思って しっかり休息をとり
頭が働くようであれば 復習に時間を割いてくださいね!

次に 最後の最後まで苦手分野の克服に! です。
赤本などで 傾向と対策(・・・対策ね~赤本で・・・う~~ん)はできてるはずですし
過去問も何年か前に逆上ってやり終えてますよね?(たぶん・・・ですが)
現状にもよりますが 「もう オレ(わたし)完璧かも!」 って方はほぼいらっしゃらないのでは?
であるなら
やはり 苦手分野の克服は 最後までやってくださいね!
ただし
「ウチは二次試験 めっちゃ簡単な問題しか出ないんだよね~」 って人もいるかもしれませんね。
でも 足元をすくわれないように 細心の注意を払ってくださいね!
国公立しか受験しない人!
失敗すれば・・・(またまたかもですが)   浪人ですよ!
人によっては・・・それも無理かも・・・

あとは 試験当日の事であったり 試験中の事であったり 言いたいことは山ほどありますが
とにかく あと1週間で 国公立が始まります。
そして
3月13日には (ほとんどの)国公立全日程が終了します。

大袈裟かもしれませんが      
             人生の岐路に立っているんです。

様々な考え方があるのはわかります。
大学だけが全てではない。
編入だって 院で挽回だってあります。
もしかしたら
もっと ご自身に向いてることがあるかもしれません。
大人の方から言わせれば 「ま~後から考えると そんな大したことじゃないかもな」 かもしれません。
志望大学入ったって 辞めちゃう人もいますしね。
苦労した人間は強いしな~ とか
ガチガチの勉強人間より ちょっと弱かったり 妥協や挫折を知ってるヤツのほうが~ とか
そういった様々なご意見もわからなくはありません。

それは あくまでも後のお話です。
この瞬間は 来週 志望大学を受験することは 確定しているわけです。
その志望大学で 勉強したいこと やってみたいこと
そこを通過点に 将来のビジョン や 夢 へ近づこうとしているわけです。
(現実は○○だぞ~ なんてことは 今は考えてもいないし 考えられないですよね)
そのために 1年間(それ以上かも)一生懸命勉強してきたわけですし
だからこそ
、残り1週間 無駄にしないで 頑張って欲しいのです!
のことは で・・・ではダメですかね・・・
(もちろん 例外的な方も多々いらっしゃるとは思いますが・・・)

いずれにせよ あと 1週間 です。
悔いのないように 一生懸命がんばってくださいね!

本日は以上です。

乱文・長文 誠に申し訳ありませんでした。

                                まだまだ 日曜までは(月曜は受験生は移動日ですね)気を抜かない
                                                       塾マニアでした~


   

    100拍手


塾選びのお悩み解決します! http://zyukumania.blog.fc2.com/



















お・・・
う・・・ちょっと  は無理がありましたね。(下手くそな小細工でスイマセン)
さ~~~
ここからが 本日のメイン(?)なのでしょうか・・・


            塾マニアの母上様

 ってことですね。

ココ(前回の記事を書き終えてから)2週間ほど
母上様といろいろお話をいたしまして
どこからお話すればよいかは定かではありませんが・・・
この先は 興味・ご関心がある方だけ お読みください。

では

まずは最初に
わたし 塾マニア 俗に言うマ○コンではありません。
(というか わたしの友人たち曰く 「オマエの母ちゃん おっかね~」 だそうです)
ただ・・・
母上様のことは とても尊敬しております。
様々な理由があるのですが・・・

とにかく 素晴らしいのが 明るさ です。
星でいうなら 太陽と申しましょうか 花でいうなら 向日葵と申しましょうか(アレ?)
とにかく 明るいのです。
わたしは小中高時代の友人たちを よくに家に呼んでいたのですが(母上が呼べというので)
わたしの友人は 母上のことを 「○○(母上の本名)さん」 と呼んでました・・・というか呼ばせてました。
また
以前 我が家に アメリカ人少年がホームステイに来たことがありまして
わたしが 高校から帰ってくると
「Are you OK? In Nagoya accent どえらい暑いでいかんがね~」 と・・・
アメリカ少年に なんと・・・ 名古屋弁を教えていました。
しかも 次のホームステイ先に行く直前に びっくりしたのですが
アメリカ少年が
「○○さん(母の本名) あんたの料理 どえらい美味かったがね~」 と言うのを聞き
わたしは空いた口が・・・
(次のホームステイ先の方から 「どうなってるんですか?」 と電話があったのは言うまでもありません)
そんな 明るさ に関するエピソードは数えきれません。

しかし!
さすが塾マニアの母上様だな~ と今になって思うのは
                      情報収集能力 です。
先程も言いましたが
昔から とにかく わたしの友人を 家に連れてきたがるのです。 (もちろん 誘うのはわたしですが)
連れてきて・・・ゲーム?  いえいえ ないです。
        私の部屋へ? いえいえ 行きません。
        ん? 外で遊ぶの? いえいえ 外へも行きましたが・・・
とにかく 母上が 友人たちと話す話す・・・話す話す・・・なのです。
「どんな風に 勉強してる?」 「塾とかどうしてるの?」 「学校の様子は?」 「アノ数学の○○先生は?」
とにかく 情報収集 がすごいのです。
しかし
そんな風だと わたしも 「母上のせいで友人と話しにくいよ~」
       友人も 「オマエんち 母ちゃんうるせ~から行きたくない」
なんてことになるかもしれなかったのですが
わたしは 「この人 ホントすごいな~」
友人は  「オマエの母ちゃん すごい面白いな~」
って場合ばかりでした。
ただ
厳しさ に関しても凄まじくて(今では ソコも尊敬している理由の1つですが)
わたし同様 わたしの友人にも 厳しかったです。
う~ん コレに関するエピソードは あまりにもディープなお話なので 止めときます。

さ~そんな母上様に

  わたし 「塾辞める時の 必殺技ってある?」
  母上様 「必殺かどうかはわからないけど・・・」
  母上様 「次(の塾)行ってみて ダメなら またお世話になりますね」
  母上様 「これで ほとんど辞めてきたわよ」
  わたし 「ハ? それだけ?」
  母上様 「それだけ」
  わたし 「・・・(どこが必殺やねん  ・・・ネタにならない・・・)」
  
だそうです。
ちなみに 戻ったことは1度もございません。
あと
わたし 小中学生の頃は 一度に 複数の塾の体験に行ったり
春休みなんて 「春期無料講習!!」 なんて謳われてる塾も多数ありますが
1度に 5つほど掛け持ち・・・こんなのザラでした。(行けば良い ってものではありませんよね)
そんなときも
母上様は 「タダなんだから 行かなきゃ損じゃな~い」
     「100行って 気にいるところなんて1つあれば 儲けものなんだから~」
と よく言ってました。
(そのお陰で わたしも 『足』 と言うようになったのだと思います。)
『アクティブ』 であること 『面倒臭がらないこと』 など
とにかく 母上様からの 影響力としまして 何事にもポジティブに! ということだと思います。
もちろん
人知れず 苦労もしていると思いますし(わたし如きが言ってはいけませんよね)
ネガティブになってしまう部分だって多々あるのだと思いますが
                子供のためなら から始まり
                     ↓
                  情報分析 を怠らず
                     ↓
                ダメなら スグ次 という行動力を常に持ち
                     ↓
               できれば自分も楽しむ

この 自分も楽しむ っていうのが わたしの母上様が 特に大切にしているところのようです。

さ~いかがでしたでしょうか?
身内のお話なので あまり上手にはお話できませんが
何かのお役に・・・立ちませんよね・・・スイマセン。

本日2回目の 以上です。

乱文・下らないであろう文 誠に申し訳ありませんでした。

また みなさまからの反響がよろしいようであれば
塾マニアの母上様 第二弾・・・(やるのかな~)
まっ お気が向いたら お情けで 拍手などで お知らせください。

今週はまたまた寒気が来るらしいですが
みなさまも体調管理 また 雪による災害・事故などに お気をつけ下さい。
                                                 国公立2次に向けて
                                                 ラストスパートの~~塾マニア でした~
スポンサーサイト
  1. 2014/02/17(月) 23:52:45|
  2. 特殊な箱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

塾選び、マジっすか!Part 4

 医学部受験!編                    其の結末

 みなさんこんにちは。
(それなりに)ご好評だったシリーズ「医学部受験!編」の最終章です。

では

グループのお話です。

このグループに依拠する方々は、まず金銭感覚が麻痺しているのか、お金に関しての心配を
ほとんどしていない方々が結構います。
例えば
11浪して(前回の記事の中に出てきました)帝◯大に合格した方は
浪人中にかかったお金と大学への学費などで
一般家庭の父上様が一生かけて稼がれる給与を軽く超えておりまして、
しかも大学でも留年を2度ほどしてしまう始末・・・(もちろんその分学費は上乗せです)
しかし
この人の伝説(?)はまだまだ続きがあります。
ある年の誕生日、彼の誕生パーティーを「クラブ」(イントネーションにご注意)で開催することとなりました。
お友達も100名以上招待したようで、ちなみに会費などはすべて無料だったらしいです。
宴も終盤に近づき、出席者のみなさまからプレゼントなどをいただき、(その平均金額までは不明です)
お礼にと、ビンゴゲームを 誕生日である彼が開催しました。
(ココまでは結構普通?ですか?・・・わたしとしましては、すでに狂ってる感ありますが)
そのビンゴゲーム・・・
全員が当たるまで何度も繰り返し行われたようで、
わたしの知人は最後から3番目に当たったようです。
しかし!その中身が・・・
イタリアの有名ブランドの皮のジャンバーだったそうです。(もう1度言います最後から3番目の当たりですよ!)
知人曰く「30万~50万ぐらいするかも」でした・・・
お話はココでは終わりません。
宴の最後に彼の父上様の登場です。
全員の前で出席者のみなさまにお礼を述べ、父上様が言った台詞・・・
「◯◯(本人の名前)、今日は本当におめでとう。本当にステキな仲間に囲まれて、オマエは幸せものだ。
お父さんからもささやかだけどプレゼントを用意した。」
本人と父上様の少々の当てっこ合戦(タメ息)の後・・・
「オマエへのプレゼントはこのお店だよ~」ですって・・・(幽体離脱中・・・)
そしてまた別の日
わたしの知人がその彼に「最近欲しいものって何?」っと尋ねると

「そ~だな~あんまり今欲しいものないけど、強いて言えば 潜水艦 かな」
・・・・
それって買えるものなのか・・・

みなさん、どうですか? 希少だとは思いますが、なかなかの生態ですね。
(「そんなヤツおらんわ!」って思いますよね。わたしも最初思いましたもん)

他にも珍獣・奇獣の類はいっぱ~いいますが、わたしはこの方がかなりトップクラスだと思いますがいかがですか?
みなさまからの「こんな奇獣います!」「わたしも珍獣です!」といったコメントまたはメールをお待ちしております。

次によくいらっしゃる方々の生態にも迫ってみますね。

このグループの方々も中には(極々少数ですが)4浪ぐらいまでで合格される方もいるようですが
5浪以上となるとなかなか合格するのは難しいようです。
(上の11浪や中には8~9浪で合格したという方も希少種としてはいますが・・・「なんで受かったんか?」って
確かではありませんが、親が・・・を積んだ・・・とか・・・そこまでは事実関係はわかりません)
すると
5浪以上で多いのは、諦めて歯学部や薬学部に転換したりするのが一般的なようです。
ちなみに中部圏では朝◯大や松◯歯科大、または最近増設された薬学部などが有力候補のようです。
(しかし、結局辞めてしまう例もかなり多いようです)

医学部のお話に戻しますが
「そんなデキの悪い子でも医師の国家試験合格するのか?」
「◯◯大でも国家試験の合格率高いじゃないか!」
といった意見をよく聞きますが、コレにもカラクリがありまして・・・
デキの悪いお子さまを集めていらっしゃる大学は、俗にいう「デキない子」を国試には受けさせていません。
受かりそうな子しか受けさせていなければ、合格率が上がるのは当たり前です。
ちなみに受かりそうにない子は単位などを理由に留年させているのが現状です。(翌年の学費も入りますしね)
ですから
国試を受験されている人数(つまり分母)をよくお調べくださいね。
どういうことか?と言いますと
ある年の新入生が150人いたとします。
ってことは6年後には150人とまではいかなくとも140人ちょいは受けていなければいけませんよね?
しかし
実際の分母が90人・・・? おかしくないですか?
それで合格率80%だとしたら・・・72人? アレ?半分受かってない???
コレ!なぜ気づいたか?と言いますと
25年程前の国試合格率を調べましたところ、40%台の大学が(もちろん私立です)あったのです!
しかしある時期から80%に跳ね上がったのです。
変ですよね?
「その大学ががんばったんじゃないの?」と思いますよね?
ですから在校生に実際問い合わせたところ、上記のような事実が発覚したのです。
しかし
くれぐれもご注意いただきたいのは
違法行為は何一つ行なっていない!ということです。
留年したりして(または退学・中退など)受験資格がないわけですから、なにも悪いことはしてませんし、
実際に受験した人数に対して合格した人数も間違ってもいませんし、水増しもしていませんもんね。
わたしが言いたいのは
こうした事実もあることを知った上で医学部受験に望んでいただきたいだけです。

また関係各所から「このブログ、ウゼー」とか「営業妨害だ!」といったご意見に関しましても
(関係者様のような社会的にお偉い方が、こんな卑小なわたしのブログなど見ているわけありませんが)
もう少し様々なことを改善されるべきではないか?
もう少しまともな商売をするべきではないか?
という思いがあるからこそなのです。
もちろん
わたし塾マニア如き輩の言っていることですから、大して変わらないであろうことも理解しております。

今年の例ですが、
今年(平成25)愛知県内の私大医学部後期試験に(すぐわかりますね)
関西にある    塾マニアの行ってはいけない塾   から
150名ほどの塾生が受験されたそうです。
その塾は以前の記事に書いた年1000万(実際はそれ以上でしたね)かかる塾です。
よく考えてください。
15億以上使った連中が受験しているのです。
そこには2000名弱の受験者がいたらしいですが、
その方々が1年で使った総額って・・・・?????

これって受験、つまりは教育というカテゴリーでは
「正しい在り方でしょうか?」「誤った在り方でしょうか?」
「医者の世界にはそんなもん常識だ!」なのでしょうか?
「みんなが理解してるんだからええやないか!」でしょうか?
それとも
「ニッポンジン オカネ タクサンモテマスネ モッタイナイネ」でしょうか?

みなさまの様々なご意見をお聞かせいただけたら幸いです。

以上で「医学部受験!編」を終わらせて頂きます。

乱文・長文 申し訳ありませんでした。

あ!
そういえば
わたし塾マニアが浪人1年にかかった塾代ですが、
わたしが行った塾は4月から国公立二次直前(2月23日)までの45週間で180万でしたよ。
高いですか?
だって朝の9時半から夜10時まで完全に塾の管理下でしたもん。
それ以外は一切支払ってませんよ。(ちなみに国公立後期対策は無料でした)
(それでも高いかも・・・ですが・・・)
                                               お役に立てたなら光栄な  塾マニア

  1. 2013/03/16(土) 18:18:16|
  2. 特殊な箱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

塾選び、マジっすか!Part 3

 医学部受験!編                    其の参

みなさんこんばんは。
新学期に向けて塾選びの資料集めに奔走中の塾マニアです。
本日も前回のつづきです。

では

3のグループ

前回までと同様、このグループも優秀ならば現役で、または学校などが持っている指定校推薦枠を使って
合格する方々が一部。
もちろん
その後は前回大雑把ではありますが提示した学費とのご相談となります。
また
現役で行けなかった方々は予備校などの医進専門コースに行き、翌年の受験に備える。
といった感じですかね。
ここで
「予備校」の一般的なお値段のお話をもう1度おさらいしてみます。(前回お話してない内容もあります)
予備校の医進コースは大きく分けて3つの選択になるようです。
1. 東大選抜や京大選抜と同等の位置づけの 医学部選抜コース
  これは料金も一番お手頃で70万~100万弱となります。
  ただし
  前回も言いましたがコレが全ての金額ではありませんのでお気をつけください。
  (あくまでも24~26週間分の授業料+入塾金です。夏期・冬期は含まれておりません

2. 医学部専門コースを別に設定しているコース
  これは医学部受験者だけ校舎を別にしたり、専用の自習室を設けて、いつ行っても自習室待ちにならないように
  配慮したり、配布物などで他のコースよりお得感を出したりといったコースです。
  ちなみにお値段ですが
  120万~200万弱となります。
  ただし
  これもコレが全てではありませんのでくれぐれもよ~~~くお調べになってください。

ここまではグループの方々が浪人する際に一番選択されるコースです。

3. 最近予備校でも流行り始めている(?)個別でのコース
  このコースは国公立を狙っている方も若干はいらっしゃるようですが、選択されているおもな方々は
  私大型の方が多いようです。
  お値段は 180万~250万前後となります。(ただし・・・はいいですね)

ここまでが大まかではありますが、予備校の医学部受験にかかる費用です。
だいたいな感じでは
1年予備校で浪人すると全込(夏期・冬期も含めると)で安くて約150万から高い設定で350万ぐらいとなるのではないでしょうか?

しかし!

グループ3の人は大手予備校だけで浪人しているわけではありません!
あくまでも一部の人が予備校なだけで、
このグループ以降は違った塾・予備校で浪人する方がいるのです!(ちなみにグループ1・2のかたも稀にいます)

ここからがわたし塾マニアのブログのテーマ「塾選び」に欠かせないお話になってまいります。

3のグループ4のグループ5のグループ

このグループの方々の中にも上記の予備校で多浪されるかたも少数ですがいますし、
グループ1・2の方もこのあとご説明する塾・予備校に行かれる方もいますので、あくまでも全員ではありません
のでご注意を!

このグループが行かれるところは
まず気になるお値段から言いますと、400万~1000万が当たり前の料金となります。
ちなみに
こうした塾・予備校はほとんどが関東・関西・名古屋などの大都市に集中していますから、
遠方から行かれる方も多いようです。
ってことは
下宿などの仕送りも必要となってまいります。
わたしの知る限りでは1年間でかかった総費用が2000万って人もいらっしゃいました。(保護者談)
もっと恐ろしい例としまして
こうした予備校に1浪目から通われて、11浪したという方もいます。
え?おいくらかかったか?って・・・
ご本人とお話したところ1億5000万は軽く超えられたようです。(2億弱って言ってました。立ち眩み・・・)
では
こうした塾のシステムですが
まず入塾金+授業料で400万~1000万です。
これで全てではないことは もういいですかね。
もちろん、専用の自習室や本棚、椅子は革張りのフカフカ、建物の外観もオシャレでパッと見予備校を
連想させません。
たまに著名人・有名人などを招いての講演会なども催されて、学生個人の偏差値アップとは直結しないのでは?
と思われるようなことにかなり経費を使われてるように思います。
また夏期・冬期の講習会の値段も恐ろしい金額ですし、
見落としがちで、恐ろしいのは質問などに割り当てられるシステムです。
例えば
ある予備校では(名古屋市内です)質問券というのを購入します。
コレ10枚綴りで15万です。
1枚で1時間の質問や個別指導が受けられるシステムです。
「そんなの買わなきゃいいじゃん!」ですよね?
しかし
1ヶ月に1綴り買うのが義務付けられたりしています。
つまり
4月から翌年1月の私大受験直前までで10ヶ月。うち7・8・12月は夏期・冬期が別になっていますから
7ヶ月分の 15万×7ヶ月=105万が別途かかってくるのです。
もちろん
デキの悪い学生には質問券をドンドン勧めますし、費用は上限知らずで跳ね上がります。
しかし1時間1万5千とは・・・恐ろしいですね。

こうした予備校のお話をもう少しさせていただきます。

こうした予備校はかなり増えつつありまして、
アノ有名な精神科医で東大理Ⅲ出身の和◯秀◯大先生が監修する塾! や(栄のロ◯トの上だっけな~)
アノ「面白いほどよくわかるシリーズ」の細◯真◯大先生プロデュースの塾!
といった感じで
有名人・著名人も便乗する始末・・・どうもなりませんね。

また
個別指導塾も便乗してきまして、
医学部受験を旗印に同様のシステムで高額な授業料をせしめる輩が増えつつあります。
(実際は学生数に対して合格している数はとんでもない数字になっているのに・・・)

ちなみに
こうした塾の中でオススメできる塾は ただの1つも ありません!!!!!
キツい言い方ですが
親の見栄であったり、子どもが多浪していることをご近所さんに知られたくないとか(遠方に通わせるなどして)
そんな程度で合格はできません!
「でも合格している学生もいるのでは?」 たしかに・・・です。
しかし
ココは確率論でいきましょう。予備校も含めて、合格できる確率ってどれぐらいか考えてみて下さい。
もう1つ
それに見合う対価を考えてみて下さい。
確かに値段設定は塾・予備校側が決めます。
しかし
行くのは消費者である保護者様です。よ~~~~~く考えてみてくださいね。

今回は以上です。

次回は 「グループその生態に迫る!」 です。
どうぞお楽しみに!
                                            諭吉(先生)が頭に舞う 塾マニアでした。
  1. 2013/03/15(金) 21:02:49|
  2. 特殊な箱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

塾選び、マジっすか!Part 2

 医学部受験!編                    其の弐

 こんにちは、最近なにかとバタバタの塾マニアです。
前回からの更新遅くなり、申し訳ありませんでした。
つづきからです。

では

前回(たぶん下の記事)のグループ分けごとのお話を
やはり誰もが気になる「お金」の話を絡めながらご説明していきますね。
(例え話は全て実話を元にお話しますね)

1のグループ

このグループにいるデキのいいお子さんは早い時期から(人によりますが)塾に通い、準備もかなりできている
グループですね。
現役で合格すれば、そりゃもう精神的にも経済的にも親孝行この上ありません。
かかる費用も塾代(コレは人によってかなり差が激しいです)年間30万~ぐらいが相場ですかね。
(わたしの知る範囲で月50万って方もいました。年間で計算すると・・・すげ!です)
ただし、現役で国公立受かって1番(?)良いのは(現役でなくてもいいのですが)
大学にかかる学費ですね。 コレ6年で、400万弱! 6年間ですよ! 安すぎ(?)でしょ。
もちろん教科書やらなんやらでいろいろ経費はかさみますが、それでもかなりお値打ちではないでしょうか!
また
現役で受からなかった場合。
それでもこのグループのお子さんはかなりデキがいいですから、予備校やそれ以外の塾へ普通に通塾していれば、
だいたいは1浪~2浪(わたしの知る限りではメッチャデキがいいのに5浪したなんていう強者もいました)で
合格する可能性が高いです。
ちなみに、予備校にかかる費用ですが、一般的な医学部進学コース的なもので、調べましたところ
安い予備校で60万前後~80万前後
もう少し特化したコースで最高200万弱程度でした。(間違ってたらゴメンナサイなので、お調べください)
ただし!ご注意が必要です。
特に予備校ですが、上記の金額は1年間の予備校代の合計ではありません。
入塾金やテキスト代などは含まれますが、
授業の実施される週の数でよく騙される!ということです!
上記は4月から翌年1月までで 24週間分(または26週間)の料金だ!ということです。
つまり夏期(7月、8月)冬期(12月)二次前などの料金は含まれてないところがほとんどです!
ですから、夏期講習や冬期講習などは別途費用がかかります
(予備校のパンフは上記の赤い個所がかなり小さく記載されてますので、わたしは赤く濃くしてみました)
ですから
1浪から大学卒業するまでの学費は (かなり差はありますが、平均で)浪人150万 + 大学学費400万弱
つまり500万~600万でドクターになれてしまうのです!
もちろん、浪人中もふくめ、食費や交通費、大学が遠方であれば、下宿費用などの仕送りもありますから、
こういった経費もかかることはお忘れなく。

以上が グループ1 です。

さ~お次は

2のグループ

ここのグループもかなりマシな方です。
国公立に合格出来れば、グループ1と費用は変わりませんが、が、が・・・
私立しか合格できなかった場合、コレはかなり保護者様とお話し合いをしなくてはいけませんね。
なぜか?
ご存知のように、私大医学部は学費が(だけではなく学債などというわけのわからんシステムも)
とにかくハンパないのです!
これについても調べましたが、
初年度納入の学費が 安くて350万から 高いとこだと1400万超え なのです!
えーっともう一度言いますね
初年度だけです!初年度ってまだ2年からの費用もあるんですよ!(取り乱しますよね)
そして
6年間の学費ですが 安くて2000万チョイ 高いとこだと なんと! ¥49,204,490 ・・・
5000万弱!!!!!です。
ちなみに学債というシステムがありまして、コレに関しましては大学により様々なのでカットしますが、
例えば
後からお返ししますが、毎年1口100万で5口以上(500万)をお預け下さい。というシステムです。
ただし、現在はシステムがいろいろと変わりましたので、大学ごとにお調べいただいたほうがいいです。
(間違ってたら、本当に申し訳ありませんので、1度よくお調べください)
私大の場合はこういった諸々の高額な諸費用がかかるところもありますので、ご注意ください。
これで保護者さまとお話し合いをしなければならない理由がお分かり頂けましたか?

ちなみに私大医学部29大学学費の平均は6年間で3365万でした~(浪人だと20浪して国公立行く感じですね)
日本人って「お金持ち」ですね!

あと余談ですが
この話を高校生に話したことがありまして、そしたら

「でも、開業医ではなく勤務医だとしても、2浪の国公立の学生と現役で私大行った学生だと
その2年分で獲得できる給与で私大のお金はペイできるって親が言ってました~」

と、ドヤ顔で言われたことがありますが、わたしは即座に

「アホか。払うのはオマエじゃなくて親だ!っちゅーの! しかもオマエが60過ぎにもらうお金の差額は
親にはなんの足しにもならんよ。
あとは社会的な見られ方を考えろ!国公立と(上位を除いた)私大のね!」

と回答すると、黙っちゃいました。
こんな高校生の金銭感覚おかしいと思いませんか? それとも わたしがおかしいのですかね・・・

ここまでがグループ2です。

さ~ここまでが まだマトモなお話です。

次回はグループ 
ここは本当にすごいお話がたくさんありますので(実話を含めて)
お楽しみに!
(「終わるんかい」「また引っ張るのかよ~」ですよね。 ゴメンナサイです)

本日は以上です。

つづく・・・
                            本当に引っ張るつもりは・・・もう聞き飽きましたかねの    塾マニア




  1. 2013/03/15(金) 00:05:01|
  2. 特殊な箱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

塾選び、マジっすか!Part 1

 医学部受験!編                    其の壱

 こんにちは、塾マニアです。
以前に掲載した<注意の箱>内の
「チラシ!編」「合格者数!編」に対して、少しではありますがコメントやフリーメールにてのご感想をいただき、
誠にありがとうございます。
(数件ですが)ご要望がありました内容を<注意の箱>の中に入れていきますね。

本日のテーマは「医学部受験!」です。

では

「医学部受験」と一口に言いましても、受験する側の準備は様々で、
まずは
受験する側の状況や環境から、いくつかのグループに分けるところから始めてみます。


1. とても優秀で国公立のみ受験するグループ

  これは一般の方々がイメージする中でも1番理想的なグループですね。
  ただし
  中には運が悪く、何年も浪人してしまう(多浪)可能性もアリますのでご注意ですね。

2. まあまあ優秀で国公立希望ではあるが私立も考えているグループ

  最近の医学部受験で少し増えつつあるグループです。
  ただし
  私立しか合格できなかった時にかなりお悩みになるハズです。
  なぜか?
  そこが本日のテーマでもある「医学部受験」における注意点があるのです。
  ズバリ「お金」です。(一応わたしは塾マニアと名乗っているので、マニアックにいきますね)

3. まあ優秀ですが私立単願で考えているグループ

  このグループも意外に多くいるのです。
  なぜなら、準備のための科目数が国公立に比べると少ないのが理由と考えられます。

4. 何浪しようがどっかの私立に入れればいいと考えるグループ

  このグループの実態は様々ですが、それでも数的にはなかなかの人数です。
  どこで気づくかがキーワードになりますかね。

5. 親の稼業(開業医?)のみが志望理由なだけのグループ

  ココまで来るとその生態は一般人の想像を絶するものです。
  後で具体例などを挙げてその生態にアプローチしてみましょう!(凄まじいですよ!)

(危険度に合わせて色分けしたつもりなのですが、目がチカチカしてたらゴメンナサイ)

以上が大まかではありますが、だいたいのグループ分けではないでしょうか?
もちろん
コレに入らない方も多々いらっしゃるとは思いますが、あくまでも大まかなグループ分けです。
さあそれでは
以上のグループ分けを前提に
お金」のお話を中心に展開してまいります。

「そんなん当たり前やん!」とか「知ってるわ!」といった内容もあるとは思いますが、
あくまでも全く知らなかった方々を前提にお話してまいりますので、
ご批判、反論などはご自由に・・・(ということにして下さい)

しかし!!!!!

今回は以上です。(わたしもたまには忙しいのです)

スイマセン。   つづく
                                               本気で引っ張る気はない  塾マニア
  1. 2013/03/12(火) 17:01:40|
  2. 特殊な箱
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

塾マニアとは・・・

ZyukuMania

Author:ZyukuMania
愛知県内を中心に
すべての塾・予備校を
熟知しているかどうかは・・・

自身は至って真面目な・・・ つもりですが・・・ ご意見・ご質問は 下段コメント欄 または zyukumania@ 後ろにyahoo.co.jp へ お願い致します。

呟き(T_T)

呟いてもいます・・・

Twitterなども始めてみました・・・  別サイトなどへも

このブログをリンクに追加する

カレンダー

マメに更新がんばり・・・たいです!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

開けてなるほど!

ご連絡方法がスグに見つからない方への 学参(参考書・問題集など)もココで・・・

連絡の箱 (3)
学参の箱 (1)
注意の箱 (19)
面白い箱 (3)
便利な箱 (1)
回答の箱 (10)
呟きの箱 (26)
中前の箱 (1)
中学の箱 (5)
高校の箱 (15)
浪人の箱 (2)
特殊な箱 (5)
ツボの箱 (22)
未分類 (20)

最新の記事

なるべく古い方から閲覧頂いたほうが・・・ いいかもです

みなさまからと塾マニアからの

コメント・返信・ご連絡などです

検索される方は

キーワードを入力してください

閲覧頂いた有難い方々の人数

非常に嬉しいのですが・・・

ブロとも・・・って言うんですね

この人とブロともになる

さすがに・・・いないですよね

QRコード

コレもあんまり必要ないような・・・

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。